« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

“出雲紀行その2” 因幡のしろうさぎ!

happy01 出雲大社に参詣する直前に “稲佐の浜” を見学! 

Img_1498 pout 其の美しい景観を眺めながら数人の仲間と話しが弾んだ!・・・それはあの有名な大国主命の「因幡のしろうさぎ」のお話し。

despair 子供の頃に聞いた、其の物語の内容を一つひとつ思い出しながら・・・しばしの談笑に時間を忘れました。

Img_1504

sad しろうさぎが、隠岐の島からこの因幡の国に帰って来たいので “わに鮫” を騙して、それを橋代わりにして背中を飛び跳ねてまもなく因幡へ帰る寸前に「ウソ」がばれて「わに鮫」たちに皮を引ん剥かれて泣いた・・・とか。

wobbly 大国主命の兄神たちにだませれて、海水で洗ってまたまた痛んだ・・・とか。

bleah それを、大国主命に助けられ、「がまの穂」 を敷いて寝れば治った・・・とか。

Photo_2

weep そんな楽しい話しで盛り上がりました。わたしが其の話しは小学校の国語の本に載っていたとはなすと・・・へ~・・齢やな~・・・・ほっといて!

Photo coldsweats01 みんなで、楽しみながら “出雲大社参詣”に向かいましたのさ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月29日 (金)

“出雲紀行そのー1” 美味しい、「たくあん!」見つけた!!

oneImg_1502  少し寒かった!昨日、今年初めての木枯らし第一号!が吹いた。 27日の早朝・・・“出雲の神話と歴史を尋ねて” の研修旅行に出発!

おいおい、旅の写真など、書き込んで・・・出雲紀行なるものを発表予定?先ず、一回目! “美味しいたくあん、見つけた!” と題してのご報告です。

Gousei two 私は田舎育ちの故か、「お漬物」 が大好きです。わけても、「たくあん」が・・・大好き!です。最近はお漬物「たくあん」が主流から外されて、白菜・お茄子・きゅうり・そのお漬物えて近頃は美味しい 「たくあん」 にめぐり合えなくなりました。?・・・

three バスが、偶然「蒜山高原」のパーキングに休憩のために入りました。其の短い時間のなかで、“蒜山大根” のお漬物・・の中からこれぞ天下一の美味なる「たくあん」を見つけて大喜び!・・・帰宅後・美味しかった!

four さて、「たくあん」・・「沢庵」で思い出すのが、あの有名な「沢庵和尚」です。・・“たくあん”の名付け親との伝聞もあり、あの有名な「宮本武蔵」の物語のなかで若い武蔵を教育する事で有名です。(武蔵と沢庵和尚は歴史上実際のは会っていないそうです、此れは原作者、吉川英治の創作と言われています)

five 私が「沢庵」を初めて知ったのも、やっぱり「宮本武蔵」の話からでした。そして思い出すのは・・・沢庵和尚の〝名言” として、今に伝わる 「溝をばずんと飛べ」 と言う言葉です。

sixPhoto  生きてきた、私の人生の中で、中々思い切って「溝をばずんと飛ぶ」と言う決断は出来ませんでした。無理をして、2・3探して見ると・・・

seven 思い切って、脱サラをしたこと、70歳を過ぎて「大阪府老人大学・歴史科」に入学した事・卒業後パソコンを習って現在も続いている事位かも知れません。

Photo_3 

Photo_4 eight 研修旅行のお話しが思わず外れて「たくあんのお漬物」・・・「沢庵和尚」・・・「パソコン」・・・と、飛び飛びの “出雲紀行” になってしまいました

nine 改めて、また、機会を見てブログに書き込みたいと思っています。

(出石の沢庵寺・宗鏡寺)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年10月24日 (日)

“記憶の達人!”

最近、齢の所為か,とみに物忘れがひどくなってきた様だ。

Photo 自分では、「ボケ」防止のために70歳を過ぎてからパソコンも始め、出来るだけ、其の予防に努めている積もりです。

其の所為か、多少は効果があるものと、自分自身を納得させている。

それが、証拠に?・先日三度目の運転免許切り替えの為の「高齢者講習会」なる面倒な手続きを受けました。

今回から、其の講習会の内容に「認知症」のテストが加わり・・・お蔭様で何とか合格!「記憶力・判断力にまだ衰えはなし」との結果でした。

其の事を、孫どもに話をしていると・・・“何それ” おじいちゃんの単なる「自慢話」やんか?! と一笑に付せられました。

さて、それはともかく、「物忘れ」防止にはこれからも極力頑張りたいものです。

ところで、ふと、思い出した・・・約20年前の昔話。 ある雑誌に「記憶の達人」と言う話題を読んだ記憶があります。それは「フランス小咄」のようでした。

その、お話し!・・・ある、ヨーロッパの大学の入学式に、一人の生徒が学校の混雑した廊下で一人の教授に逢ったので、頭を下げて、「私は今年美術部に入学した〇〇〇です。・・・と挨拶をしたが、其の教授何も言わずに、「にっこり」と微笑んでその場を立ちされれました。

それから、4年過ぎ、其の生徒がいよいよ!卒業式を迎えたのです。其の式場で、4年前に逢った其の教授に声を掛けられました。

其の教授、おもむろに、口を開いて「美術部の〇〇〇君だったね!4年間よく、勉強できたかね。・・・と声を掛けました。

其の言葉に、生徒はびっくり仰天、・・・其の教授は4年前に挨拶した事をちゃんと覚えておられたのでした。

これぞ!・・本当の “記憶の達人” だと思いますね。・・・最近友人間でよく話題になる「認知症」予防のためにも、こんな話題を思い出して、それなりに ”努力” を怠ってはいけないと思う今日、この頃です。

ひょっとして?・・・私も!・20年前の昔話を思い出しなんて・・・”記憶の達人” かも?。

こんな、話しをまた、孫どもにすれば、”何それ” 又、また、単なるおじいちゃんの自慢話”?と一笑に付される気がします。

Photo_2

              パソコンにばんざ~い!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年10月21日 (木)

”あした(27日)天気にな~れ!”

happy01私たち、歴史クラブ(山桜会)では今年の研修旅行を下記の様に27日~28日の2日間の計画で行います。「出雲の神話と歴史を訊ねて」・・・主目的は・・ ”グルメ” かも?・・・

Photo_2 wobbly男性12名・女性8名の総計20名・・・楽しい・賑やかな旅行になると思います。

Photo_3bleah もちろん?・ “出雲の神話と歴史 ” の研修旅行?ですが・・・とくに女性の皆さんは「グルメ」の方も・・・“主目的” ・・・私もそれを楽しみにしていま~す!

Photo_4 shockうわ~!・・・美味しそう!・・・あれも食べたい・これも食いた~い!

                詳細報告は後日に!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年10月20日 (水)

”Oh! No! Smoking!”

”嘘のようで、本当の話” 一つご紹介いたしましょう!

Photo さて、10月から「タバコ」が大幅に値上げされました。愛煙家はさ~大変!ここぞと!とばかりに禁煙に ”必死のバッチ” で取り組んでおられる事でしょう?

私は、幸いにも8年ほど前に ”ばっちり” 禁煙に成功!!して、大丈夫で~す!

其の、タバコにまつわるお話しです。私が30歳代(約40年ほど前)の通勤電車内での出来事です。

当時は、電車内でも喫煙される人を数多く見かけた時代です。

通勤の帰途JR・天王寺駅から阪和線三国ヶ丘駅までの電車の中での出来事です。

Photo_2 「杉本町駅」から大学の講師風の人が乗って来られて私の坐っている前のつり革を持って立たれた。暫くして、その人が英語?(外国語)で本を読み始められたのです、其の声がだんだん・・・大きくなり、鄰座席の人と顔を見合わせてその「キザ」な行動にウンザリし始めました。

其の人が今度は、本を読みながら片手でタバコを吸い始めましたた。・・・それにはさすがにみんなも気分を悪くし始めたのです。

その時 ”ふと” 左上を見上げると電車の連結側に「NO・SMOKING」との禁止札があるのに気が付き、タバコを吸い始めた人にその、禁止札を指差して・・・「あれは何と読むのですか?」と聞いたのです!

Photo_3 その人、その「NO・SMOKING」の札を見て、さも得意気に大きな声で言ったのだ。 ”オ!・ノースモキング!” と・・・・

その、得意げな声を聞いて、先ほどから迷惑がって居た人達が思わず苦笑!

それに気が付いた 「キザナ人」 は慌てて「タバコ」の火をもみ消しました!

そのバツの悪そうな顔を横目で見て、私は席を立ち三国ヶ丘駅で下車したのす。

ホームに下りて、内心 「人には迷惑をかけないで!」 そんな気持ちになって家路に急いだ事を覚えています。

もう一度言います! 此れは作り話では有りません、40年前に私が体験した本当の話です!

Photo_6             

               健康のためにに禁煙を!!

              

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月17日 (日)

”上書き保存”

sun”上書き保存” と言う言葉を覚えたのは当然パソコンを習ってからです。

0382jlovely ワードの基本から始めて、多少文字や文章も書ける様になって、絵(イラスト)も挿入出来るようなると・・・その辺で、第一の難関?に突き当たるのが、”保存方法” ・・・これをマスターすればまた、パソコンの楽しさにまた一歩前進できました。

Phototyphoon さて、そこで最近ブログに、「ボケ」・・・「物忘れ」などの事を多く書き込むようになりました。それは自分自身が「物忘れ」がひどくなる事への、関心の深さの現われかもしれません。

heart04そこで、ふと ”上書き保存” なる言葉を引き出してきて、自分自身が今まで覚えた事・・・また、”思考力” の其の上に、新しく仕入れた、「知識} 等を  ”上書き” すれば 人間としての厚味も増え、場合によっては「物忘れ」の改善につながらないか、と・・・そんな事を勝手に考えています。

coldsweats02Photo_3 いずれにせよ、「物忘れ」 防止には、もっと 頭を使って・・・勉強する事が最善の策だ!・・・と自分自身に言い聞かせ居ます。

smile”上書き保存” なる言葉を私流に良い方に解釈して、もっと、パソコンの技術を高め、もっと色々な事に挑戦して、”此の頼りない” 自分の 「脳ミソ」 に栄養補給して、しっかりと ”上書き保存” したいもので~す!

2                    パソコンに万~歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月13日 (水)

"美人になる方法教えます!!

最近、あっちこっちに「ヨガ道場」があります。私の通うパソコン教室の前も「ヨガ道場」です。

Photo さて、日本で「ヨガ」を教えた最初の人は「中村天風」先生です。

"天風先生の教え・その他の詳しい情報は、皆様、得意のインターネットで検索して下さい。Photo_2

インド・ヒマラヤ山中(世界第3の高峰・カンチェンジェンガ)で、インドヨガの聖人に教えを受け3年以上の歳月を修行され、「精神統一法」の極意を会得され、日本で「天風哲学」として教えられたのが、日本で最初の「ヨガ」なのです。

昭和25・26年の2年間、私も機会があって、天風先生の生前の講義を受け勉強した事があります。(統一哲医学会・天風会)

色々と勉強した中で、今日はこのブログで女性の皆さんに “美人になる方法” をご紹介いたしましょう!

Photo_3 天風先生の数ある教えのなかで基本のなるのは「精神統一法」でしょう。その「精神統一法」からお話しいたしましょう。

“精神統一”の極意とは、①:臍下丹田に力を入れる。(下腹に) ②:両方の肩を下げる。(力を抜く) ③:お尻を締める(肛門) この三つの事を同時に行う。・・・いわゆる三位一体で行う。そして心中の邪念を払う。此れを行うことで「精神統一」が為されます。(多少の訓練が必要)

Photo_4 そこで、美人になる方法とは!  朝、目覚めて、洗面所で自分の顔を鏡に映して。・・・・精神統一(三位一体)をして、鏡に映った自分の顔に向って「貴女は美しい!・・・もっと美しくなれる!と3回以上・・自分の顔に暗示をかけるのです。

Photo_6

疑ってはいけません!・・・この方法は現代医学でも応用されています。貴女はきっと今まで以上に "美人” になれる筈です!

美人と言っても今さら顔・形が変わるのではありません、今よりも、もっと素晴しい 笑顔の美人なること間違いなしです!(そのためにはしっかり精神統一をして下さい)

女性の皆さん・疑わずに。信じて!・・・此れで世のなかに又、美人が一人増えます!

Photo_5                     美人に乾杯!  

         (写真・イラストはインターネットからお借りしました)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年10月11日 (月)

"旅行” 三つの楽しみ方!

sun 旅行が大好き! と言われる方が大変多いですね。もちろん私も大好きです!

Photo

one さて、旅行の楽しみ方について・・・・私は子供の頃・若い頃・現在と、其の世代によって旅行の楽しみ方が違うのは当然のことですね。

two 昔、昔、若かりし頃は、ただ遠いところへいく事・また「呑んで騒いで」だけの旅が多かった様に思います。

three 或る時期に、其の旅行の楽しみ方について思い当たるところがありました。

four0497j  何気無く、名所旧跡を回るだけでなく、例えば・「西国33箇所参り」の様に何か目的をもって旅行をすれば又違った楽しみが増えるかも・・と思い当たりました。

five そこで、同じお寺参りをするならば、事前に其のお寺の "歴史・故事来歴等を調べて見ようと思ったのがきっかけで、少し楽しみ方が変わりました。

six0645j それからの旅行は単なる物見遊山的なことではなくなりました。

seven 先ず一つ! 旅行計画をしっかり立ててから実行しょうと思う様になりました。行く場所の歴史・食べ物・風景・等も調べる事にしました。

eight 旅行から帰ったあと、"思い出の写真アルバム" の製作を思いつきました。

nine そこで、旅行は三つの楽しみ方があることを発見!したのです。

heart02 一つ目・計画を立てる楽しみ! どこをどう、回ろうか・どこで休息・どこで昼食・等々・・・計画を立てながら夢を広げます!

heart04 二つ目・旅行先へ行ったら、此処の歴史は・此のお寺の由緒は・此の土地のグルメは・此の地方の風俗は・・・と楽しみが広がります!

heart03 三つ目・旅行のあと、素晴しい思い出が残ります、アルバム等時が立つほど其の思い出が大きく広がります!

thunder 最近は、旅行は、三回も楽しめる!と・心に言い聞かせて旅行を楽しんでいます。

0331 0499j_2

行楽の秋を楽しもう! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月 7日 (木)

"雑学” 故郷の歴史 「桜井の駅」と言う駅!

happy01 子供の頃 「昭和15年~20年」 私の生まれた北摂地方に珍しい「駅名」の駅がありました。・・・戦後(昭和20年以降)に、何故か改められました。

angry 南大阪で、先ず第一に挙げられる歴史的人物と言えば「楠正成公」が挙げられるでしょう。

despair 其の、「正成公」が足利尊氏との戦いのために "兵庫湊川” に出陣される途中、わが 子「正行公」と別れたところがこの有名な北摂・水無瀬の里近くの「桜井の駅」なのです。

Photo_2

bearing 現在も「桜井の駅跡」として残っています。その最寄の駅に阪急電車・京都線が開業時につけた駅名が「桜井の駅」という駅名だったのです。現在は「水無瀬(みなせ)」と云う駅名に改められています。

Photo_4

wobbly普通、鉄道の駅名なら「桜井」と言う駅名でよいと思われますが、楠公父子別れの場所を「桜井の駅」と言ったための命名だったのかも知れません。

Photo_6

(注) 昔の「駅」とは、大化の改新以降幹線道路に30里ごとに設けられた「馬」など旅に必要なものをそろえた施設の事です。

pout 最近、ブログに 「昔の思い出」  を書き込む機会が増えました、ある友人から余り「昔の事ばかり考えていると ”進歩” が止まるぞ!・・・と驚かされています。

gawk でも、思い出した時に「ブログ」に書き込むのが楽しみなのです!

lovely さて、「桜井の駅の別れ」と言えば、先年亡くなられた、あの、「森繁久弥」さんが生前に唄われていた ”青葉茂れる桜井の” と言う歌を思い出します。

Photo_7

weep私たちの「小学校」では、5年生の[11歳]になると "11参り” と云って現在の、吹田・茨木・高槻の近郊の小学生が「桜井の駅公園」に集結して「武道大会」なども開かれていました。・・・私も剣道大会に先生の「黒胴」を着用して出場したものです。

Photo_8 

bleah 年々・歳々・歳を重ねれば昔の事が忘れがちになるものです。でもこうして、自分の故郷・・・北摂[昔の三島郡]の・・・”三島の県主" 以来歴史ある著名な故郷の思い出を「ブログ」に書けるのも、元気で生きている証しなのかも知れません。

0302

                 故郷の山河に乾杯!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月 5日 (火)

"早期発見”!!

あの、恐ろしい「ガン」は早期発見・早期冶療が最善だとされています。

Photo_2当然 の事ながら、「ガン」に限らず全ての病気が早期発見が冶療の基本だとされています。冶癒の近道と言われます。

さて、「早期発見」 と言うことで最近私はこんな事を経験いたしました。

5年ほど前に検査入院したあと、一ヶ月に一度定期検診をしている現在です。

数ヶ月前の定期健診で、主治医より左の肺に影があると言われ、精密検査を勧められました。そして、順次検査が実施されました。

Photo_3

当初、その検査が実施された時・・・私は「早期発見」の重要な事は理解していたつもりでしたが・・・いざ自分が其の立場に置かれると少なからず動揺するものです。

肺の影とは・・・いかなる物か?・・・とインターネットで検索してみると、 有る! 有る! 色々の肺の影の写真・症状等々・・それ等を見て尚一層不安が募るものでした。

Photo_4でも、或る検査の当日担当の看護婦さんの・一言で一辺にそんな不安な気持ちから開放されました。

その、言葉とは・・・看護婦さん "曰く 良かったですね!・・・こんなに早く発見してもらって・・・結果が病気だとしてもこんなに早く発見してもらったらきっとすぐ治りますよ" !と。

此の言葉を聞いて・・・今まで心の角にあった・・・検査で引っかかった不安と落ち込んでいた心が・・・ぱっと晴れやかな気持ちに切り替わったものだ!

そうなんだ、こんな考え方があるのだ!・・・さすが看護婦さんだ!と・・・

此れで、其の後の検査の結果と正面から向き合うと思った。

そう、決心して全ての検査を受けた・・・結果は・・・異常なし!・・・なおさら心が晴れたのだ!

Photo_5 優しい看護婦さんが言ったような、前向きな考え方もある!

皆さん!安心して "早期発見・早期冶療に務めましょう”

           美人看護婦さん・有難う! 近大堺病院にて。

                 (写真・イラストは、インターネットから借用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月 4日 (月)

二つの同じ事を・・・同時には出来ない?

Photo 最近、日本と中国の関係悪化の記事が連日マスコミによって伝えられている。

其の中で、中国を批判する為に引用した次の中国の 諺(ことわざ)が目に付いた。

中国の言葉に "池に落ちた犬は叩け!” "100回嘘を言っていたら、それが本当のことになる!” 等々こんな言葉を新聞で見かけた。

ところで、そんな記事を読んでいて次の様な教訓めいた笑い話を思い出した。

Photo_3 笑い話とは、こんなお話しです!  大きな池のほとりの一本の木陰で一匹の野良犬が悠々と何もせずに、毎日を暮らしていたそうです!

何がゆえに野良犬は何もせずに毎日をのんびりと過ごせたのでしょう?!

上の絵の様に、野良犬君が悠然と暮らす木陰の左右に大きな一軒のお家がありました!

Photo_4 ワンちゃんが朝目覚めて、少し待っていると左のお家から "太鼓の音” が聞こえて来ます。此れが左側のお家の方からの朝ごはん[残り物]の合図なのです。ワン君は喜び勇んで左の家の前まで駆けていって美味しい朝ごはんにありつけました!

今度は、夕方にになると右側のお家から、鈴の音が鳴り夕食[残り物]の合図がありワン君は苦労せずに夕食にありつけました!

Photo_6 こうして、此の野良犬は、左右の家の食事の残り物にありついて毎日を何もせずに悠然と・・・漫然と・・・楽しく?・・・暮らしていたそうです!

ところが、或る朝!・・・左のお家で鳴る太鼓と、夕方に鳴る筈の鈴の音が同時の鳴ったんです!

さ~!・・大変!! ワン君はどうしたでしょう!・・・ 

犬はびっくり! 右へ行きたし・・・左へ行きたし・・・気を動転[犬にも気がある?]させて目をぐる・ぐる・回し・・・とうとう、目が回り池に身を投じて死んでしまったので~す!

Photo_7 さて! 此の笑い話の教訓は、・・・同じ二つの事は同時に行えない・・・と! 物事は一つ・一つ、確実に行うのが良い方法だ!・・・と言う教訓かもしれません。

この、笑い話・中国の "ことわざ” とうまく繋がらなかったけれども、・・・・

私にとっても、これからは何事にも関らず、一つ、一つ確実に前を向いて進みたいものです!

2              パソコンにバンザ~イ! 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年10月 2日 (土)

御名御璽 (ぎょめいぎょじ)

さー。行楽の秋! 食欲の秋! 勉学?の秋! 10月の到来です!

10月の祭日と言えば ”体育の日” ですね! でも、昔は10月17日は「神嘗祭」と云って祭日でした。子供の頃は村の ”鎮守のお宮さん” の秋祭りと連がり大喜びした思い出があります。         神嘗祭という事でこんな事を思い出しました。

Photo                      神嘗祭・神事 

さて、表題の「御名御璽」とは、難しい言葉でしょう。最近は聞かなく、又お目にかかる事もほとんど無くなりました。 ふりがなの様に (ぎょめいぎょじ) と読みます。

昔、昔! 私の小学校時代・・・あの大東亜戦争[太平洋戦争]の時代の祭日では[例へば、元旦・天長節・紀元節・神嘗祭等々] 式典の都度、全校生徒が講堂の集められ、壇上で校長先生が白い手袋をはめ「うやうやしく」桐の箱から取り出した巻物を広げて「教育勅語」を読み上げられるのが通例になっていました。

Photo_2                       講堂風景

其の。「教育勅語」の最後に書かれているのが "御名御璽” という言葉なのであります。

Photo_3                   明治天皇の御名御璽

さて、「御名御璽」とは次のような事なのです。 "御名御璽” とは、君主[天皇陛下]の名前(署名)及び公印のことなのです。

"御名御璽”と言う言葉を勅語の最後に聴くと此れで式が終わりだと子供心の思ふ様になり、我々の年代以上の人は、物事の終わりを、「恐れ多くも」 御名御璽と例えて言うようになりました。

「最後に言う言葉」と言う意味で、・・・私たち年代のもの同士で遊んだり・呑んだり、した後、・・今日は此れで終わりにする時に「此れで御名御璽にしましょう・・・と言うと、意味が通じたものです。

或る、若い人に「日本国憲法」の終わりに「御名御璽」と書いてあるのはどういう意味ですか?と聞かれた事があり、今日 "ふと” 10月の祭日のことを考えていて、こんな固い話になりました。

0335                   秋・本番に乾杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »