« "早期発見”!! | トップページ | "旅行” 三つの楽しみ方! »

2010年10月 7日 (木)

"雑学” 故郷の歴史 「桜井の駅」と言う駅!

happy01 子供の頃 「昭和15年~20年」 私の生まれた北摂地方に珍しい「駅名」の駅がありました。・・・戦後(昭和20年以降)に、何故か改められました。

angry 南大阪で、先ず第一に挙げられる歴史的人物と言えば「楠正成公」が挙げられるでしょう。

despair 其の、「正成公」が足利尊氏との戦いのために "兵庫湊川” に出陣される途中、わが 子「正行公」と別れたところがこの有名な北摂・水無瀬の里近くの「桜井の駅」なのです。

Photo_2

bearing 現在も「桜井の駅跡」として残っています。その最寄の駅に阪急電車・京都線が開業時につけた駅名が「桜井の駅」という駅名だったのです。現在は「水無瀬(みなせ)」と云う駅名に改められています。

Photo_4

wobbly普通、鉄道の駅名なら「桜井」と言う駅名でよいと思われますが、楠公父子別れの場所を「桜井の駅」と言ったための命名だったのかも知れません。

Photo_6

(注) 昔の「駅」とは、大化の改新以降幹線道路に30里ごとに設けられた「馬」など旅に必要なものをそろえた施設の事です。

pout 最近、ブログに 「昔の思い出」  を書き込む機会が増えました、ある友人から余り「昔の事ばかり考えていると ”進歩” が止まるぞ!・・・と驚かされています。

gawk でも、思い出した時に「ブログ」に書き込むのが楽しみなのです!

lovely さて、「桜井の駅の別れ」と言えば、先年亡くなられた、あの、「森繁久弥」さんが生前に唄われていた ”青葉茂れる桜井の” と言う歌を思い出します。

Photo_7

weep私たちの「小学校」では、5年生の[11歳]になると "11参り” と云って現在の、吹田・茨木・高槻の近郊の小学生が「桜井の駅公園」に集結して「武道大会」なども開かれていました。・・・私も剣道大会に先生の「黒胴」を着用して出場したものです。

Photo_8 

bleah 年々・歳々・歳を重ねれば昔の事が忘れがちになるものです。でもこうして、自分の故郷・・・北摂[昔の三島郡]の・・・”三島の県主" 以来歴史ある著名な故郷の思い出を「ブログ」に書けるのも、元気で生きている証しなのかも知れません。

0302

                 故郷の山河に乾杯!

 

|
|

« "早期発見”!! | トップページ | "旅行” 三つの楽しみ方! »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/37115246

この記事へのトラックバック一覧です: "雑学” 故郷の歴史 「桜井の駅」と言う駅!:

« "早期発見”!! | トップページ | "旅行” 三つの楽しみ方! »