« システィムの復元! | トップページ | 二つの同じ事を・・・同時には出来ない? »

2010年10月 2日 (土)

御名御璽 (ぎょめいぎょじ)

さー。行楽の秋! 食欲の秋! 勉学?の秋! 10月の到来です!

10月の祭日と言えば ”体育の日” ですね! でも、昔は10月17日は「神嘗祭」と云って祭日でした。子供の頃は村の ”鎮守のお宮さん” の秋祭りと連がり大喜びした思い出があります。         神嘗祭という事でこんな事を思い出しました。

Photo                      神嘗祭・神事 

さて、表題の「御名御璽」とは、難しい言葉でしょう。最近は聞かなく、又お目にかかる事もほとんど無くなりました。 ふりがなの様に (ぎょめいぎょじ) と読みます。

昔、昔! 私の小学校時代・・・あの大東亜戦争[太平洋戦争]の時代の祭日では[例へば、元旦・天長節・紀元節・神嘗祭等々] 式典の都度、全校生徒が講堂の集められ、壇上で校長先生が白い手袋をはめ「うやうやしく」桐の箱から取り出した巻物を広げて「教育勅語」を読み上げられるのが通例になっていました。

Photo_2                       講堂風景

其の。「教育勅語」の最後に書かれているのが "御名御璽” という言葉なのであります。

Photo_3                   明治天皇の御名御璽

さて、「御名御璽」とは次のような事なのです。 "御名御璽” とは、君主[天皇陛下]の名前(署名)及び公印のことなのです。

"御名御璽”と言う言葉を勅語の最後に聴くと此れで式が終わりだと子供心の思ふ様になり、我々の年代以上の人は、物事の終わりを、「恐れ多くも」 御名御璽と例えて言うようになりました。

「最後に言う言葉」と言う意味で、・・・私たち年代のもの同士で遊んだり・呑んだり、した後、・・今日は此れで終わりにする時に「此れで御名御璽にしましょう・・・と言うと、意味が通じたものです。

或る、若い人に「日本国憲法」の終わりに「御名御璽」と書いてあるのはどういう意味ですか?と聞かれた事があり、今日 "ふと” 10月の祭日のことを考えていて、こんな固い話になりました。

0335                   秋・本番に乾杯!

|
|

« システィムの復元! | トップページ | 二つの同じ事を・・・同時には出来ない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/37033344

この記事へのトラックバック一覧です: 御名御璽 (ぎょめいぎょじ):

« システィムの復元! | トップページ | 二つの同じ事を・・・同時には出来ない? »