« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月20日 (木)

“厳寒の野兎狩りの思い出”

今日、1月20日は大寒の入り、いよいよ “冬本番” の到来です!

この時期になるとテレビ等で冬の風物詩・・・寒稽古・・・寒中水泳等のニュースを見かけます。寒い!寒い!冬の思い出・・・子供の頃の「ウサギ狩り」の思い出を書き込んでみました。

Photo 北摂(現在の茨木市)の山裾で、子供の頃(小学校・4,5年生)野兎狩りが行われたものです。

寒い、小雪の舞う・よく晴れた日曜日・私たち小学生と村の青年会等・・・数十名が山裾に集結して、手に手に缶や笛を持ちそれを叩いて・・吹いて・・一斉に山上に向かって「オーイ~オーイ・」と掛け声勇ましく山の上に向かって少しずつ登っていく。

その、すざましい元気な事・・自分より背の高い雑木をかき分けて、踏み分けて登って行くのは冬の “寒稽古” そのものでした。

山上には、網が張り巡らされていて、所々に監視のおじさんたちが身を伏せ野兎が網にかかるのを待ち構えています。

Photo_3 だんだんと頂上付近まで登ってくると山の上の監視のおじさんの大声が聞こえる・・“ウサギが獲れたぞ!と・・・その声にまた、元気を振り絞って「オーイ・オーイ」と山上目がけてのぼって行くのでした。

その日、獲れた数匹の野兎を、その夜小学校の校庭で、大きいお釜でウサギ汁を炊き出し私たちウサギ狩り参加者に振る舞われました。

かがり火の下で 「フー!・フー!」 しながら食べたウサギ汁の美味しかった事! 今でも懐かしく思い出されます。

Photo_4 今でこそ、ウサギ狩りなどは、見かけなくなりました。また、そんなことを実施すると「動物愛護協会」からお叱りを受けるかもしれません。

でも、その当時は山に植えてある「杉」の先っぽ(芯)を野兎が食い荒らすのを防ぐためにも必要だったのです。

そうして、元気に村の子供たちは育っていったものなのです。そして・・・楽しい “春” の訪れを待ちわびたのです。

             元気な子供時代に乾杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月15日 (土)

 “叩けば元気になる” ? ・・・・・

或る “もの” を叩けば元気になる!?・・・と・・・こんな事感じた事はありませんか

実は、最近図書館で読んだ雑誌にこんな記事を読み、ふと「表題」の言葉を思い出しました。

Photo その記事によれば、或人が仕事の帰途乗っていたタクシーが衝突事故を起こし、身体の一部を強打したため救急車で病院に搬送されました。・・・診療の結果打撲傷程度だったので帰宅を許されました。

翌日より通常の勤務に戻りました。その後少し身体に痛みは残ったのち、元気に回復されました。

その後、事故以前より身体が元気になったので・・・事故による「緊張」の結果だろう・・・ぐらいに思っていました。

0749j その後、何日かして “東洋医学” (漢方)の先生にお会いする機会があったので・・・その事・・“事故の後すこぶる元気になった” 事を話すと。その先生 「曰く」 東洋医学ではそう云う事例が立証されているとの事でした。

専門的な事はさておくとして・・・この記事を読んでいてこんな事を思い出しました。

Photo_3 Photo_4 昔・むかし、家のラジオ・3球スーパーと云った時代・・・・ラジオの声が急に小さくなり聞こえにくくなった時、そのラジオを上から “叩く” と又元の大きな声に治ったと・・・云う経験が再三ありました。・・・みなさん如何でしたか?

大なり・小なり、そんな経験をお持ちの方があると思います。先日、使っていた「パソコン」が不調になった折にこのことを思いだして、パソコンを何回も “叩いた” のですが、残念!・・この時はダメでした。

Photo_5 さて、人間・・・気持ちが “たるんだ時・怠けた時・沈んだ時、等等・・・一度自分の気持ち(精神)を叩いて、元気付けるのも・・・これからも、元気で過ごせる秘訣?・かもしれません。

“頭・肩・腰・足・それとも心・・・その他は?”・・・

            叩くところは人それぞれにお任せ!

               東洋医学に万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月11日 (火)

懐かしい言葉! “ボタンとリボン” ・・・・バッテン・ボー!

Photo “ボタンとリボン” こんな懐かしい言葉に出会うとは思いませんでした。

この懐かしい「ボタンとリボン」と言う言葉を身近に感じるとは、・・・!

実は、こんな事でした!。・・・今まで使用していたパソコン「2003XP」が少し不調になり思い切って「ウインドーズ2007」を購入しました。

そのパソコン・・・今までの「ツールバー」の表示方法が変わっていて、表示方式が “ボタンとリボン” という方式に変わりました。

Photo_4 そこで、3年余り使い慣れた 「2003XP」 のツールバーを新しい「ボタンとリボン」の表示形式を今、「必死のバッチ」で覚えているところです。

その昔・たしか昭和25~27年ごろでした?・・・敗戦間もない荒廃とした世の中に大変楽しい曲 “ボタンとリボン” ・・・・英語で「バッテン・ボー」・・・こんなリズミカルな歌があちこちのラジオから聞こえました。

その歌は、・・・アメリカの歌手“ボプホープ”と(100歳で亡くなられた)“ジェーン・ラッセル”(豊満な女優・・・オッパイで有名?)主演の「腰抜け2丁拳銃」という映画の主題歌でした。

アメリカの歌手「ダイナ・ショア」・・・日本の歌手は「池真理子」が歌って大人気になりました。

少年の頃の私はこの映画を5・6回も見た記憶があります。

Photo_6 この、“ボタンとリボン” の 歌が英語で「バッテン・ボウ」と発音されたのは次のような理由だと後で知りました。

映画の原題が「Buttons・Bows」(リボンと蝶ネクタイ)を「だったので「バッテ・ボウ」と唄われました。

「B0W」をリボンと訳されたので、歌の題名が「ボタンとリボン」となったようです。

いずれにしても、パソコン「2007」のお蔭で昔の少年の頃を思い出させてもらいました。

“腰抜け2丁拳銃」という映画は・・・たしか「カラミティージェーン」の物語で楽しいコメデイー映画だったと記憶しています。

Photo

少年の頃の思出に乾杯!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月 8日 (土)

“初夢” 一富士・二鷹・三茄子・・・・とは・・・いかない?!

最近,年齢の故か、余り楽しい夢を見なくなった様です。

Photo ところが、今年はの初夢?・・・は久しぶりに楽しい夢を見ることに成功しました。

朝、3時ごろこの夢で目が覚めました。・・・夢の事柄を覚えて置きたいので、すぐ「原稿用紙」に書き留めたのが・・・この夢の物語です。

夢の中・ある、広大な庭園のな中にある家に数人の税務署?の査察官が調査のために訪れました。その人たちの後を私が「カメラ」を持って同行しているという “夢” !・・・それが夢の始まりです。

最初、査察官は家中の物品等を「課税対象」として、調査をしていました。その家の老夫婦が憮然として、調査に応対しておられる。

そうこうしている内に・・・その家の広大な荒れ果てた庭園の一部が「陥没」し始めました。・・・その様子を見ていた査察官の態度が今までと一変して、・・・優しい態度で、老夫婦に問いかけ始めた。

Photo_2 何故?、この庭が荒れたのか、・・・多分昔はさぞ、美しい庭園だっただろう・・・とか、これからどうすれば昔の美しい庭園を取り戻せるだろうか、・・・こんな会話に変わったのです。

そして、「税金」の捜査を忘れたのか、この庭を昔の様に修復するには、どの位の予算が必要だろうか、・・・またその予算を「府」・「国」に自分たちの責任に於いて獲得するとまで、言い始めました。

その話に、近所の人たちも大勢加わって、皆笑顔で楽しそうにその計画の話の輪に入って談笑しているところで、目が覚めました。

・・・こんな夢でした! こんな「さわやか」な夢を見たのは久しぶりです。

最近の「ニュース」等で見聞する「或、政治家の強制起訴」の問題。 「検事の証拠の改竄」の問題。等が・・こんな夢になったのかも知れません。

初夢に “一富士・二鷹・三茄子” とはいかなかったけれど、私にとっては楽しい「初夢」でした。

Photo_3 素晴らしい世の中を創ってくれる・・・政治家の出現を待ち望んでいる、願望からこんな “初夢” になったのかも。・・・

ちなみに、「一富士・二鷹・三茄子」の諺には色々の説が有るようです。

でも、この説が一番楽しそうです。

「徳川家康にかかわる事で、天下を取った家康の好物を並べたという説。・・・景色では富士山・趣味は鷹狩り・食べ物は茄子」・・・それを夢に見てあやかろう・・・と!。 

            2011年1月8日記

   

  

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年1月 5日 (水)

“もうしばらく、「厄介」をおかけします” !

                謹賀新年

0348j 年が明けました。年末からの寒波の到来で身も心も引き締まる・・・思いの新年でした。

昔から、一年の計は元旦にあり。とはよく言われる言葉です。

そこで、今年はどんな「計」を立て様かとお屠蘇をいただきながら考えました。・・・そして、“一つの計” を立てました。

“一年の計” それは表題のように 「この世にもうしばらく厄介をおかけしよう」 という計画です。

0358j そうと、・・・決めたら・またあれも、やりたい! これも、やりたい!・・・と思いめぐらしながら正月三ケ日も無事に終わりました

wobbly もう少し、美味しいものを食べたい!

bleah もう少し、歴史も楽しみたい!

shock もう少し、旅行もしてみたい!

happy02 もう少し、お酒も、ワインも味わいたい!

coldsweats01 もう少し、パソコンと遊びたい!

lovely もう少し、恋もしてみたい!

・・・・と!。だんだん欲が出てきました・・・・!

また、今年一年前をむいて、“元気で・楽しく・ゆっくり” 過ごしたいですね。

私のささやかな ”一年の計” です。0419j 

身体に気を付けて・・・・

         2011年1月五日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »