« “紀元節に一言”! | トップページ | “一 歩 ・ 前 へ!” »

2011年2月15日 (火)

“解らない事が、面白い!”

shockhappy01 “解らないことが、面白い!”・・こんな言葉に出会いました。

私も最近、この言葉に共鳴しています。・・・それは五年前大阪老人大学(今は高齢者大学と言う)の歴史学科で一年間学びました。

その時の先生の教えが、こんな事でした。「覚える(記憶)歴史から」~「調べる歴史へ」そして、「楽しむ歴史へ」と進めばなお一層歴史が楽しいと。・・・・

Photo_6 思えば学生時代(小。中・高)歴史とは単に、覚える(記憶)だけの歴史だったような気がする。

例えば、「大化の改新」は何年?・645年・・・「壬申の乱」は何年・672年・・・「関ヶ原の戦い」は何年・1600年・・・等々、

年代だけを覚えて、歴史の内容は余り覚えていないのです。

最近、先生の教えを実行?して、「調べる歴史」を楽しんでいます。専門家ではないので、調べるといっても図書館で色々と説の違う本を読んだり、インターネトで調べたりしている程度です。

Photo_7 ふと、思うことがあります。例えば、昨年の大河ドラマの「竜馬伝」・・・坂本竜馬の暗殺の真犯人は?・・・この事一つにしても、諸説があって、読んで(調べて)いるだけでも楽しい事です。

たった、約140年程前の事でも「ハッキリ」と解らない。だから、歴史が面白い。・・・だから、歴史には“ロマン”がある。

pout こんな事を言ったら歴史の先生にお叱りを受けるかもしれないけれど、「歴史が初めから、全て解っていたら、ちっとも面白くない」・・・ましてや、先生も ‶オマンマ ”の食い上げですよ!Migimuki

これからも、自分流 に“歴史雑学” を楽しみたいですね。

coldsweats02 歴史・雑学の友・・・カーチン。

|
|

« “紀元節に一言”! | トップページ | “一 歩 ・ 前 へ!” »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/38875077

この記事へのトラックバック一覧です: “解らない事が、面白い!”:

« “紀元節に一言”! | トップページ | “一 歩 ・ 前 へ!” »