« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月23日 (水)

“謝罪は弱さに通じる”

最近観た洋画(クラシック)の字幕に「謝罪は弱さに通じる」と云う言葉が再々出る場面がありました。

映画の物語の筋道において、その言葉の使われ方が的を得て共感を覚えるものでした。

Photo そこで、思い出した事があります。最近テレビでよく見かける場面・・・数人が並んで「申し訳ありませんでした」と謝る画面に数多く出くわします。

例えば、警察幹部・会社の幹部・銀行の幹部等々・・・部下が起こした不始末・会社の製品の不具合・はたまた、銀行のシスティムの不備など、数えきれないほどに、いつも頭を下げて謝罪しています。

「どうも済みませんでした」・・・と。しかし、どう見てもその態度は上辺だけで心からの謝罪と思われません。

さて、全ての事柄が “謝罪は弱さに通じる” と云う言葉が当てはまらないかも知れませんが、・・・でも、やっぱりこの謝っている風景を見ると “謝罪は弱さに通じる” と云う言葉に共感を覚えます。

組織の教育の悪さ・機械,機器の整備の悪さ・製品の検査等の悪さ・システィムの悪さ・などで「謝罪」する事は、その、企業・組織・製品の弱さに通じるように思います。

悪い事と解れば、心から謝罪することは大切な事でしょう。私たちも子供の頃から「悪かったら心から素直に謝りなさい」と教えられました。

政治家を初め、公安当局、警察、会社等々「謝罪」しなければいけない様な “弱さ” が現れる事の無いようににして、新しい、強い、日本を築いて欲しいと思うのは私だけでは無いでしょう。

Photo_2       “強い・明るい日本が出来ますように!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月19日 (土)

“がんばれ!・東北のチビッコ!”

はじめに、今回の東北・関東大震災の被害者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

実は、私は昭和21年に小学校を卒業いたしました。大東亜戦争(太平洋戦争)の敗戦の翌年でした。日本国中・・・とりわけ私の住む大阪も空襲で焼け野が原になって居り、原因こそ違い今の東北地方で被害に合われた方たちの土地と同じ状況でした。

さて、3月の今頃になると各地で小学校の卒業式があります。

0291j 3月18日に今回の震災地の小学校の卒業式の模様をテレビで見て、悲しみの内より特に、卒業される小学生の皆さんに “がんばれ” と「エール」を送ります

そのころを思い出して、・・・今回卒業された、東北・関東の小学校の卒業生の皆さんに “がんばれ・東北のチビッコ!” と声を大にして励ましたいのです。

敗戦の中から、5年・10年・20年と日本が見事に復興したその力の中心に私たち同世代の人たちが居たのです。

0662j 東北・関東の “チビッコ” の皆さんもきっと、5年・10年後に復興された東北地方の中心に諸君の力がある事でしょう。

被災された今の厳しい現状を乗り越えて「希望をもって頑張って下さい」と心より「エール」を送ります。

0289j        “がんばれ!・東北のチビッコ!”

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年3月14日 (月)

“エ~言葉・見つけた!”

「エ~もん・見つけた!」・・・こんな言葉をよく耳にしたり、見たりいたします。

別に美味しいお菓子や美味しいビールを見つけたのではありません。・・・・・・云い方を変えます。“エ~言葉・見つけた!~” と。・・・

220pxp03jigazou 少し固いお話になります。最近歴史同好会の会報に「宮本武蔵の独行道」の21か条の言葉の中から「我事において後悔せず」という言葉を「歴史を変えた名言」として寄稿した折に、友人から21か条の全文を知りたいとのお話があり、その機会に武蔵の書「五輪書」を読む機会がありました。(原文は難解でしたので現代語訳)

その「五輪書」の中に “エ~言葉・見つけた!” の言葉を見出しました。

その言葉とは、「鍛錬」とは、「千日の稽古を以て「鍛」と云い・万日の稽古を以て「錬」と云う」・・・こんな言葉でした。

この言葉は宮本武蔵が剣を通じて剣の道だけでなく、深い道理の道を会得するために「鍛錬」した言葉を言い表したものであります。

Photo 私たちも健康維持のために、継続していろいろな事に励んでいます。

でも、「千日も万日」も稽古・鍛えた事がありません。

また、今更私たちが「武蔵」と同じ様な厳しい「鍛錬」は出来ません・・・が、この言葉のもつ意味の重みを身に付けてもう少し残りの人生を健康で楽しく過ごすためにも頑張って見たいものです。

仮に、あと10年生きたとしても、たかが3650日。せいぜい鍛錬の「鍛」の端くれ位しか「鍛える」事が出来ないかも知れません・・・でも、頑張って「身も心も鍛えましょう」・・・。健康のために!

0413j              2011年3月14日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 8日 (火)

“早春賦”

heart02先日友人(女性)からいただいたメールの出だしのメッセージが「春は名のみの風の寒さや・・・」から始まる言葉でした。

Photo_6  どこかで聞いた言葉だと思っていましたが・・・今朝の晴天を見て、思い出しました。・・・・“早春賦” と云う歌の歌詞でした。

大正時代に吉丸一昌氏が信州安曇野の地を訪れて「春は名のみの風の寒さや・・・・」と早春賦を作詩したと云われています。

その詩に中田章氏が作曲してこの、名曲がうまれたのですね。

   早春賦   作詞・吉丸一昌  作曲・中田 章

Photo_9 1) 春は名のみの 風の寒さや

       谷の鶯 歌は思えど

    時にあらずと 声も立てず

    時にあらずと 声も立てず

             2) 氷解け去り 葦は角ぐむ

               さては時ぞと 思うあやにく

                 今日もきのうも 雪の空

                 今日もきのうも 雪の空

                3) 春と聞かねば 知らでありしを

                     聞けば急かるる 胸の思いを

                      いかにせよとの この頃か

                      いかにせよとの この頃か

今朝は、ロマンチックに・・・青年時代に戻って・・・“早春賦” を口ずさみながら、早春の “あさの散歩” とまいりましょう!。

             2011年3月8日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 7日 (月)

‶陸軍記念日” と ‶師団演習”

今日は早や、3月7日。今年は桜の開花が早まりそうだ、・・という予報が出ています。

この時期になると子供の頃の強烈な思い出が浮かびます。それは、日本の「兵隊さん」・・・日本陸軍華やかなりし頃(昭和10年~15年)の思い出です。

Photo 思い出:そのⅠ。

”陸軍記念日” 3月10日は昔々は陸軍記念日として、日本の軍隊(陸軍)の健在振りを内外に示すため、盛大に祝ったものです。

‶陸軍記念日” とは、明治37~38年の日露戦争の時、日本陸軍が満州(現・中国東北部)のロシヤ陸軍の拠点、「奉天」を占領してその入城日を‶陸軍記念日” と制定されたものです。

Photo_2 その、‶陸軍記念日” に対して‶海軍記念日”も制定されていました。

ちなみに、海軍記念日は日露戦争の「日本海海戦」の勝利の日、・・・明治38年5月27日を ‶海軍記念日” として、陸軍記念日共々国民は華やかにお祝いをした思い出があります。

思い出:その2。

‶陸軍師団演習” ハッキリ年月を覚えては居ませんが、確か小学校に入る前(昭和13~15年)北摂一帯(現・吹田・茨木・高槻)で陸軍の師団演習がありました。(大阪の師団・第4師団・第8連隊)それは物凄い大演習で子供心にその勇ましさ?・・・と猛々しさを鮮明に記憶しています。

Photo_3 演習当日、村の中は大砲や馬・軍用トラック・兵隊さんで、学校の運動場や村の広場が満ち溢れてしまいました。

その、演習は今から思えば歴史的に大事な遺産を踏み潰しての事でした。

Photo_4 例えば一方の兵が紫金山古墳」・海北塚古墳に陣を敷き、大砲や軍事物資を古墳に運び上げる。

方や一方は「西国街道」沿いにある、‶白井河原の戦場跡” (和田惟政と荒木村重が戦ったところ)また付近の将軍塚古墳(藤原の鎌足公)に陣を構えて、演習(戦争ごっこ)をはじめ大事な遺跡を荒らしたものです。

Photo_5 戦争と云う名において・・・今から思えば大事な遺跡を踏みつけて、壊して・・・今なら・許せないぞ!

さて、演習が終わった夜、私たち農家の家に3~4人の兵隊さんが分宿されることになっていて、家族総出で忙しく支度して居た事を思い出します。

風呂に入り、夕食(鶏のすき焼き)のあと、兵隊さんと家族の話を横で聞きながら子供心にその勇ましい話に勇躍した気分になった事でした。

そんな、演習が3日も続いて、・・・・今から思えば田んぼや畑を踏み荒らされて、農家の人たちは後始末に大変だったことでしょう。

歳月が流れて・・・この年になって・・・子供心にあこがれた ‶兵隊さん” ・・・でもヤッパリ「戦争は御免だ!」・・・・

こんな思い出を持っておられる人も少なくなってきました。

私にとっても今年が最後の ‶陸軍記念日” の思い出にして過去の戦争を忘れることにいたします。

           ”平和な日本に万歳!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 2日 (水)

“人生のデフラグ・・・「最適化」”

最近、友人たちから「パソコンの動きが遅くなった」と云う話をよく聞きます。

Photo_2 私自身も今まで、何回となくパソコンの動きの遅さを経験した事があります。

その、「パソコンの遅くなる」原因に付いて、専門書、また先生等にお聞きして調べると次の様なことが原因らしいです。

①:ディスク内のフアイル(ゴミ?)が増えて空きのスペースが不足する。

②:常駐ソフトの数が多くなり過ぎる。

③:レジストリー(基本情報やソフトなどを保存する場所)に記録されたデータ  ー数が肥大化する。

Imageca65hh4b その他にも原因は色々と有る様ですが、専門的な知識・方法はともかくとして・・・私たち初心者にとって最も身近な方法が次の方法です。

それが “デフラグ” 「デフラグメンテーション・ハードデスクの最適化」と云う方法です

「最適化」という言葉はコンピューター業界では大事な言葉で、コンピュターシスティムを最も効果的に働かせるため欠かせない。・・・いわば「整理整頓」作業なのです。

最近、つらつら考えるに、この年齢になって自分の人生(生活も)も整理整頓・・・“最適化” して置く必要があるのではないかと思うようになりました.

残りの人生を、最も効果的に。有意義に過ごす為にも ”人生のデフラグ” が必要で「最適化」してエンジン全開で進みたいものです。

Photo_5 これからも、毎日毎日、 こまめに「最適化」して・・・効果的に・・・楽しく人生を終わりたいものです。

人生を ‶デフラグ” 「最適化」したい青年?・・より。

   2011年3月2日記

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »