« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

“80歳へのステップ!・・・階段”

現在78歳(1933年生)の男性です。・・・最近気持ちは若いけれども・・・やっぱり足・腰・肩等の関節に痛みを覚えます。

Photo 74kgを68kgに約6kgダイエットしたお蔭で、足の関節・また心臓への負担が少し軽減したと思っています?。

さて、話題が飛びますが・・・あと2年で80歳、傘壽とやらになります。その2年をどの様にステップするか?・・・思い悩んで、こんな「ブログ」になりました。

Photo_22年の階段・・・若いときは2年ぐらいどうーって事もない!、・・・しかし、この齢のなるとこの2年の階段がかなり高い階段に見えてきます。大事に上るためには、気を引き締めてかからないといけないと、思う今日この頃です。

さて、幸いに今は階段を下りる時の方より,上る時の方が楽なのでこの状態を出来るだけ長く維持.する様に心がけたいものです。

その為には、未だ未だ元気でいる事が大事になります。・・・そのために、いくつになっても好奇心や冒険心?、を持って・・・一歩前の階段を上りたいものです。こんな気持ちを呼び起こして一歩前へ進めばまた、元気を得られるかも知れません。

Photo_3 こんな、言葉がありました。「20歳だろうと・80歳だろうと、学ぶことを止めた者は老人である」(ヘンリーフオード・アメリカの自動車王)

学び続ける者は若さを保つ事が出来る!!・・・。

最近観たクラシック洋画で、こんな言葉が出る場面がありました。或、少女が老人に向かって聞きました「齢を取って悪いと思うことは?」と尋ねると、その老人曰く「悪いことは、若い時のことを覚えている事さ。」・・と。

私たちの齢になれば、もう下へは降りられません。上へ上がるしか行く道はありません。

“80歳へのステップ!” さあ~元気だして、一段・二段と階段を上りましょう!。

     2011年4月27日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月22日 (金)

‟散り急ぐ桜の花!”

ここ、数日来西原公園を散歩中に今年の、名残の桜の花びらが風に舞い落ちるのを見てふと、この歌を思い出しました。

Photo 嗚呼 玉杯に 花受けて

   緑酒に月の 影宿し

    治安の夢に 耽りたる

      栄華の巷 低く見て

       向ヶ岡に そそり立つ

       五寮の健児 意気高し

ご存知、有名な 旧第一高等学校(東大)の寮歌です。

実は、3・40年ほど前にこんな、思い出があります。4月、桜の満開の時期に吉野山の一泊旅行をした折、如意輪堂のふもとで友人数人で満開の桜の木の下で花見酒・・・としゃれこみました。・・・その折偶然に一枚の桜の花びらが・・・手に持ったコップの中にひらひらと舞い落ちて、お酒に浮かびました。

Photo_2 その時に、友人と・・・嗚呼、玉杯に花受けて・・・・とこの歌の詩の気分に浸った事を思い出しました。さて、吉野と云えばあの「南北朝」の歴史で有名なところ。・・・桜もさることながら、蔵王堂・如意輪時等々吉野の歴史にもふれ、・・・あの小楠公{楠正行」を思い出しました。

 “返らじと かねて思えば梓弓 

           なき数に入る 名をぞ留むる。”

この歌を、如意輪堂の扉に書き残して、若くして四条畷の飯盛山で「高師直」との戦いで戦死して吉野の桜の様に散り急いで “南朝” のために果てたのです。

Photo_3 嗚呼・玉杯に花うけて・・・と唄いながら、学徒出陣の名にもとで、戦場で若き生命を・・・桜の花びらのように散っていった・・・悲しい思い出があります。

桜の花びらが・・・吉野を出でて、四条畷で若く散った桜。・・・学徒出陣で若く散った桜。

散る、今年の桜の花びらを見ながらこんな「ブログ」になりました。

    お国のために散った若い命に・・・合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月19日 (火)

“目は口ほどにものを言いません・・・”

昔から “目は口ほどにものを言う” と云う諺があります。「目つきは、口で話すと同じぐらいの気持ちを相手に伝える事が出来る」と云う意味の様です。

Photo そこで、50歳代の・・・若い時に、お酒の勢いも借りてこの言葉の実験をした事があります。いつも・・・通っていたお店の「ホステス」さんに協力してもらって・・・・・。

その実験とは、・・・相手の方に「僕の目」をみてもらって、今、私が「どんなことを言おうと思っているか?・・と。」尋ねました。お互いに真剣に “目を見詰め合って” のあとでした。返ってきた来た答えは、私の「言おうと思っている言葉とは」違っていました。

Photo_2 その結果、“目は口ほどにものを言う” と云うのを信用しなくなり、それ以後、“目は口ほどにものは言いません” と確信いたしました。

「目はものを言いません!・ものを云うのは口です!」

Photo_3 この、実験で気が付いたのです。・・・こんな事言わなくてもわかっている!・・・と。家族(父・母・妻・子供等)に思うでしょう。・・・でもそれでは “駄目” だと悟りました。

自分の気持ちを伝えるのは、‶目” ではありません。‟口”ではっきり伝える事です。・・・例えば恋人には「愛しています」・・・と!。

Photo_2 もう一度言います!。‟目は口ほどにものを言いません”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月17日 (日)

“飛行機雲・2題”

今朝の散歩で久しぶりに美しい飛行機雲に出会いました。

Photo 桜の花もほとんど散り、つつじの蕾がふくらみ始めた,さわやかな朝の公園。ふと上空に雲の尾を引きずりながら飛ぶ飛行機に出会いました。

気象条件がそうさせたのか、飛ぶ飛行機が全て美しい雲の帯を引きずって飛んでいました。

この、美しい飛行機雲を見ながらの散歩でしたが、・・・・・この、美しい雲の帯とは別に昔・昔、子供の頃に、あの “恐ろしい” 飛行機雲を見た事を思い出しました。

Photo_2 それは、昭和18~20年ころ、日本の空に飛行機雲を作りながら飛来して、日本の各都市を火の海にした、アメリカ空軍機「B-29」の大空襲の恐ろしい風景を思い出しました。

同じ飛行機雲でも、 今朝西原公園で見た “美しい飛行機雲” と・・・昔に見たあの、“恐ろしい飛行機雲” とは・・・・同じ雲でもこうまで違った気持ちで見るものかと。・・・

現在、北関東大震災で「トモダチ作戦」として、大きな支援をして呉れている「アメリカ軍」に感謝しながら、・・・かって、昔そのアメリカと戦争をした子供の頃を思い出して、・・・“美しい飛行機雲” と “恐ろしい飛行機雲” ・・・複雑な心で朝の空を見上げながらの散歩でした。

Photo_5            “がんばれ・東北!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月14日 (木)

“さなぶり”

今回の北関東震災でのニュース等で、東北地方でこの時期に行われる筈の「田植え」が、原発事故の放射能の影響でできないとの事でした。この事は農事にかかわる人たちにとってこれ程悲しい出来事はありません。

Photo 田植えと云う事で、百姓をしていた子供の頃の我が家の事を思い出しました。

それは、ブログの「題」の “さなぶり” と云う言葉です。6月の後半に無事に「田植え」が終わり・・・それから秋まで数多くの忙しい、大事な農事が続きます。その作業に取り掛かる前の一日の休暇を「さなぶり」といって、一家で休暇を取りご馳走など作り楽しい一日を過ごしたものでした。子供心にその楽しさが残っています。

“さなぶり” とは、田の神様が、稲の種まきの時期に天から降りてこられて、田植えが無事終了すると天に昇って帰られると云う考え方から始まった様です。

天から降りてこられる神様を「さおり」と云い、「さ」は神様の事で、「なぶり」は「のぼり」の変化したものと云われています。

天に帰られた「神様」にお供えものをして、田植えを手伝ってくれた人々を招待して、酒宴が行われ、今までの苦労の労いと「来年もお願いします」と云う意味が込められています。最近では「さなぶり」を行う農家も数少なくなったと言われています。

Photo_9 さて、今回の北関東震災の東北地方でも、早く放射能の問題が解決して無事「田植え」が出来るようになり・・・そのあと、一日の休日「さなぶり」が行われるように心から願わずにいられません。

       “がんばれ・東北 !”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月12日 (火)

“互換機能パック”

sun またまた、パソコン用語で~す!。

wobbly 最近友人から、パソコンのメールが開かないものが多くなって困っ ている、何とか解決策はないものか?・・・と相談を受けました。

angry 私自身も、メールに関してこんな経験があります。最近ウインドウ2007のパソコンで制作した書類を添付して送信したところ相手の方が開けない(2003XP)との事でした。

happy01 同じ機種なら問題なく開くでしょう。送信の機種と受信の機種の違いからだと気付き対策を講じました。

Photo weep そこで、相談を受けた友人に次の方法をアドバイスいたしました。自分のパソコン(2000)にマイクロソフトの「互換機能パック」のソフトをインストールすれば、相手のパソコン(2007)からのメールもフアイルも開けると・・・そして実行、成功しました。

coldsweats01 そこで、ふと、思ったのです。「互換機能パック」なるものと同じ様なものを人間の頭にインストールできないか?・・と。

despair 私事ですが、最近、孫たちとの会話のなかで、言葉と意味の行き違い等で、お互いに理解できずに困った事がありました。・・・それだけなら未だしも、そのために相手の気持ちが理解できないで、お互いに険悪な関係に陥る事があります。

 happy02Photo_2 そこで、自分の頭(腦)に「互換機能パック」なるものを入れて置いて、相手の言葉が一瞬にして、理解出来たら・・・そんな悪い関係もお互いに解消できるのではないかと、・・・・。

lovely 若い、新しい、機能(孫たち若者)から、の送信を、「古い私たち・高齢者」が受信するには、「互換機能パック」が必要かも知れません。

pout さて、「互換機能パック」なるものをどの様にして、勉強して習得するかが、私たちのこれからの課題でもあります。

weep その為には、「若い人たち」との交流も、また若い人たちの「考え」もよく理解して、勉強をしなければなりません。

0614j           sun齢を取る暇もないぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 9日 (土)

“カラオケの効用”

前回のブログに引き続いて「認知症」予防方法を考えましょう!

先日、歴史クラブの勉強会の後、友人と一緒に「先生」もお誘いして、“ちょっと一杯” ・・・とお馴染みの居酒屋へ・・・

Photo_2 そこで、話がはずみ・・・歴史・政治・経済・そして歌・・・恋・・・話題が広がりました。

そして、3次会は「カラオケ」へ・・・ 共に唄い、我を忘れた数時間を過ごしました。

そこで、一言。 “認知症” 予防に 「カラオケ」を!

60歳時代の現役(仕事)の時に良く友人たちに,いつまでも若くて元気にしていたければ、次の三つの事を実行すれば良いかも・・と云っていた事を思い出しました。

その、三つとは。

one 仕事に情熱を燃やすこと。(今は仕事を引退したので、趣味に切り替えた ら)

two 恋をすること。(今でも●●●●●なら出来るぞ!)

three カラオケで新曲を覚えること。(たまには、古い曲だけでなく新らしい曲を!)

ふと、先日の「カラオケ」屋の数時間の豪遊?で、再びこの三つの言葉が、芽生えました。

Photo_6  「趣味」に情熱を燃やし!・お店の「ママ」?に恋をして!・「新曲」を覚えて唄う!・・・これぞ一番の「ボケ」防止に役立つかも知れない・・・ぞ!。

             “カラオケに乾杯!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 1日 (金)

“ポックリ寺が大繁盛!”

私たち、仲間20数名で歴史課外勉強?・・・の一環として昨日(3月31日)、奈良郡山城跡を散策して、・・・豊臣秀長の事などを語らいながら楽しい一日を過ごしました。

Photo さて、その課外教室のコースの最終目的地に奈良では有名な「ポックリ寺」吉田寺(きちでんじ)がありました。

今、私たち青年(昔の)の最大の関心事である「ポックリ寺」にお参りして、その、霊験新たかな事を期待して、それぞれ声を掛け合いながら、両手を合わしてお参りいたしました。

Img_1541 その、「期待」とは・・・今話題の「認知症」にならないで・・・家族に迷惑をかけないで「ポックリ」・・・と大往生したいと云うのが、私たち仲間の共通した “お願い事” でした。

でも、中には未だ、未だ、健康に自信があり自分は「大丈夫」と思っておられる方が何人かお見かけいたしました。

でも、お互い「ボケ」防止に気を付けた方が良いかも知れません・・よ。

最近読んだ雑誌に次の様な「認知症」を予防する10か条がありました。参考に記して見ると次の様な項目です。

★ 塩分と動物性脂肪を控えた、バランスの良い食事を。

★ 適度に運動を行い足腰を丈夫にする。

★ 深酒とたばこは止めて、規則正しい生活を心がけよう。

★ 生活習慣病(高血圧・肥満など)の予防と早期発見を。

★ 転倒に気を付けよう、頭の打撲は「ボケ」を招きます。

★ 興味と好奇心を持つようにしましょう。

★ 考えを纏めて、表現する習慣をつけましょう。

★ 細やかな気配りをした、良いお付き合いをしましょう。

★ いつも、若くおしゃれ心を忘れずにしましょう。

★ くよ、くよ、しないで明るい気分で生活をしましょう。

0335j_2 今回、「ポックリ寺」にお願いしたけど、・・・「ポックリ」逝くまで・・・この10項目を実践して「ポックリ」を信じて頑張りましょう!

ご同輩の皆さん!!。

         2011年・4月・1日記

Img_1542                          ポックリ寺(吉田寺)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »