« “互換機能パック” | トップページ | “飛行機雲・2題” »

2011年4月14日 (木)

“さなぶり”

今回の北関東震災でのニュース等で、東北地方でこの時期に行われる筈の「田植え」が、原発事故の放射能の影響でできないとの事でした。この事は農事にかかわる人たちにとってこれ程悲しい出来事はありません。

Photo 田植えと云う事で、百姓をしていた子供の頃の我が家の事を思い出しました。

それは、ブログの「題」の “さなぶり” と云う言葉です。6月の後半に無事に「田植え」が終わり・・・それから秋まで数多くの忙しい、大事な農事が続きます。その作業に取り掛かる前の一日の休暇を「さなぶり」といって、一家で休暇を取りご馳走など作り楽しい一日を過ごしたものでした。子供心にその楽しさが残っています。

“さなぶり” とは、田の神様が、稲の種まきの時期に天から降りてこられて、田植えが無事終了すると天に昇って帰られると云う考え方から始まった様です。

天から降りてこられる神様を「さおり」と云い、「さ」は神様の事で、「なぶり」は「のぼり」の変化したものと云われています。

天に帰られた「神様」にお供えものをして、田植えを手伝ってくれた人々を招待して、酒宴が行われ、今までの苦労の労いと「来年もお願いします」と云う意味が込められています。最近では「さなぶり」を行う農家も数少なくなったと言われています。

Photo_9 さて、今回の北関東震災の東北地方でも、早く放射能の問題が解決して無事「田植え」が出来るようになり・・・そのあと、一日の休日「さなぶり」が行われるように心から願わずにいられません。

       “がんばれ・東北 !”

|
|

« “互換機能パック” | トップページ | “飛行機雲・2題” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/39612267

この記事へのトラックバック一覧です: “さなぶり”:

« “互換機能パック” | トップページ | “飛行機雲・2題” »