« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

‟故郷の回想・日本の阿片王”

福井村の罌粟(けし)の栽培。

北摂の山村である三島郡福井村が私の故郷です。簡単に村の歴史をお話いたしましょう。

Photo 勝尾寺川を隔てて、中川原村の北に位置。村の中央を佐保川が南流、北方に国見山と呼ばれる福井山があります。地形は南に緩やかに傾斜。亀山街道が通り街道沿いに集落を形成しています。                  

中世には 近衛家領「福井庄」があった。佐保川の東岸にある「福井城跡」は建武元年(1334)に楠正成が築いたと伝えられています。

「摂津誌」によると福井村の特産に、犂・鍋・煙草があり、江戸時代中頃「甚右衛門」なる人物が当村で初めて「独活」(うど)・の栽培を手掛け、彼の叔父の「治平」は大坂道修町で薬種商を営み、福井村で「罌粟」(けし)を試植、阿片製造を始めた、それが福井村での罌粟(けし)栽培の始まりです。

Photo_2福井村は罌粟栽培のメッカ”

私の小学校の同窓生の祖父で「日本の阿片王」と云われ、私も子供の頃よく逢って顔も覚えている人。その人の名が「二反長音蔵氏」です。

二反長音蔵氏(1875~1950)は一生を掛けて罌粟(けし)栽培の普及に努めた事から「功労者」として表彰されています。

私が育った福井村(現茨木市)では、江戸時代から罌粟(けし)が栽培されていてその蓄積の上に「音蔵氏」はさらに創意と工夫を発揮して罌粟(けし)栽培に対して誰にも負けないだけの技術水準を創りだしました。

Photo_5 私の 生家でも稲(米)の裏作として約5反(1500坪)の田んぼに罌粟(けし)を栽培して、一家総出でその採取作業に努めた記憶があります。当然私も小学生の時に手伝わされました。Photo_6 さて、罌粟(あへん)の採取はどの様にして行われたのか、簡単に書き込んで見ましょう。

けしの花が散ると写真の様に「けし坊主」(がっぽ)が育ちます。花一つの坊主一つ、特に大きくなるように改良(福井種)されています。

20~30㎝間隔に1m~1,5m位に育ちます。

Photo_7 その、けし坊主に右の写真の道具で坊主に縦に傷を2本切りつけます、その傷より出てくる液(やに)を剃刀の様な、ナイフ形の道具で採取して、腰に付けたコップに入れて集めます。

Photo_8 集めた液(やに)を家に持ち帰りそれからが又大変な仕事があります。その液(やに)を竹の皮にへらで伸ばしそれを、一枚ずつ乾燥機に入れて乾燥させます。

数日後、乾燥した液(やに)は真っ黒なせんべいの様になります。その後薬研(やげん)を用いて粉末にして、大きめのブリキ缶に密封して、役場に納入いたします。そして、その代価を得るのが半年間(裏作)の仕事なのです。種をまいて、間引いて、肥料をやって、草引きをして、・・・・・最後に罌粟坊主(がっぽ)を乾燥して木槌で割り中から「けしの実」を取り出してそれをお菓子問屋に出荷するなど大変な苦労もありました。

Photo_9 出荷した阿片は主に日本陸軍の薬「モルヒネ」の原料になったと聞かされています。

左図の様に「ヘロイン」の麻薬などいろいろと用途があった様です。

現在は当然「罌粟の花」の栽培も禁止されています。しかし日本でも過去においてはこんな罌粟(けし)栽培も行われていたのです。罌粟(けし)栽培の事を何かの資料で発表したところ、かなりの方が興味をお持ちでしたので、今回このブログに‟故郷の回想”として書き込んで見ました。

    阿片の事が参考になればと思っています。

Photo_12   

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年5月28日 (土)

‟「98円」・「980円」商法”

0509j 年金生活をする様になり、最近は特に無駄な支出を抑えるように心がけています。

いつも行くお酒の問屋?・・・で出来るだけ安く「ビール」や「ウイスキー」を購入したいと訪れます。

その折によく目に留るのがお酒のおつまみ「3袋980円」・・・一袋だと¥350円の袋がいっぱい並んでいますが。・・・ついつい「3袋」を手にとってしまいます。

Photo よく、実際にスーパーなどでも見かける「98円」・「980円」などの値札・・・。

これは、心理的な作用で ‟4桁より3桁” ‟3桁より2桁” と云う風にすごく安く感じさせる商法なのですね。

でも、気を付けなければ時にはこんな失敗をする事にもなります。

例えば、1リットル 1円安いと少し離れていてもその安いスタンドにいって給油することもありますが・・・・60リットル入れても60円の差です。スタンドに行くガソリン代の方が高くつくかも知れません。・・それに道路事情によっては危険かも知れません。でも本人にとっては「得」をしたと思っている気持ちと共通したものかも知れません。

Photo_2 こんな、お話も聞きました。・・・昔からユダヤの人は商売がうまいと言われています。が、その商法とは?・・それが ‶98円商法” だと云った人がおられました。

Photo_4 いずれにせよ、年金生活の私は無駄な支出を省いて、出来るだけ良いものを ‟ 安く” 仕入れて、楽しく・健康に生活したいものですね。・・

         ‟貧しき者の一言!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月18日 (水)

“まわり道”

Photo 昔、こんな歌詞の歌がありました。

“月がとっても青いから、遠まわりして帰ろう・・・・・”

Photo_2 “遅れてやってきた、○○の春に乾杯を・・”

若いときは、とにかく「せっかち」に何でも急いで物事を解決したり、また、目的地に早くたどり着きたいと思って一直線に突き進んだものでした。Photo_3 

でも、現役(仕事)を離れて10年以上も過ぎるとふと、そんな考えに違和感を覚えます。何故ならば、現在はとにかく時間だけは有り余る程あるのです・・・。

そこで、若いときの様にただ、「一直線」に急いで進まなくて、表題の様に何事につけてもゆっくり ‟まわり道” をしながら進めば又、楽しい違った人生が見つかるかも・・・・。

今までと違って・・・・ふと空を見上げるときれいな飛行機雲・・。

F1000013 ふと、道端に可憐なタンポポの花・・・・。Photo_4

ふと、出逢ったおばーちゃんとの楽しい会話・・・・。

そんな、ゆったりした気持ちで、残り少ない人生を、より長く ‟まわり道” をしながら生きたいものですね。

‟遅れてやってきた・・・・素晴らしい・・・・楽しい・・・・人生に・・・・乾杯を!・・・あぁ~あ~あぁ・・・・。

今話題の大相撲・・・あの、琴風の名曲 ‟まわり道” を唄っています。・・・あぁ~あ~あぁ・・・!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月16日 (月)

“自分の言葉を見つけたい!”

先日、南海高野線の北野田駅前で息子の友人数人と呑む機会がありました。

Photo 小学校・中学校の同窓生で中学生時代我が家の息子の部屋へ遊びに来ていた腕白坊主が今や50歳を過ぎた働き盛りの壮年です。

昔、ふとした機会で成人されたその友人と務めの帰りに居酒屋で一緒に呑んだ時の事を思い出されて今回お誘いを受けました。私も久しぶりに元気を頂き楽しいひと時を過ごせました。

さて、その折に時間調整の合間に、駅前ビルで開催されていた「書の詩人・相田みつを展」を見学して久しぶりに自分のこころの中にしみ込む言葉に出会いました。

Photo_3 相田みつをの心にしみる “書の詩” を数点書き込んでみましょう。

Photo_4

Photo_5  Photo_6               私もこの齢になって最近つくづく思います。自分の過ごして来た人生で何か「自分の言葉」を見つけたいと。・・・相田みつをの書を見て決心いたしました。ここ、数年の内に必ず「自分の言葉」を見つけ出すと。・・・

元気な間にこの “ブログ” で発表したいものです。

Photo_2

    

    “嘘はつかない様に!”

   2011年5月16日記

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年5月 6日 (金)

“「あいまい」・・・だと、前に進めない”

心の健康を大事にするためにも、いつも「前向きな考え」を持ちたいと心掛けてきました。それが、何時までも「若い心」を保持出来ると信じて・・・・。

Photo 何事においても心に「迷い」が生まれる事があります。例えば、今回も4年間勉強?で、お世話になった「パソコン教室」を退校したい・・・・とここ、数ヶ月ほど心中で決心がつかず「迷って」いました。

その「迷い」はいろいろと勝手に自分の心の中を “あいまい” にして数ヶ月も過ごしてしまいました。

Photo_2 インストラクターの先生も、同窓生の友人も引き留めて呉れるし、・・・・。自分の心も、もう少しこのままで居たいと “あいまい” に過ごして来ました。でもそれでは真の前進がないのでは無いかと思うようになりました。

パソコン教室で、このまま勉強を続けるのが決して「前進」を妨げるいるとは思っていません。

Photo_3 でも、自分の心に今までとは違った「刺激」・「試練」を与えてまた、違う形でもう一歩前に進めたら尚、良いな~あ・・・。と思うようになりました。

0337j そこで、今回は思い切って “あいまい” な心に決別して「パソコン教室」を卒業させていただく事に決めました。

これからも、違った形で、楽しく「大好きなパソコン」と遊んで行く積りです。

インストラクターの先生や、楽しくお付き合いいただいた同窓生の皆さん、本当にありがとう御座いました。こころより感謝いたします。

        2011年5月7日記

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年5月 1日 (日)

“爺々・婆々(じじ・ばば)会議”

毎日、散歩していて・・・少し一息入れて一服する場所があります。

Photo_2 それは、¥80円のコーヒを飲みながら・・・あるお店の休息コーナー。

そこで、数年まえから何人かの人達と楽しく談笑する事になりました。90歳をはるかに超えた美人のおばーちゃんを筆頭に60歳の若い(?)女性の方、また、それぞれ多少の齢の違いはあっても・・・通称お爺・お婆さんたちの集まりです。

おしゃべり・・・話題もその日によっていろいろと異なります。・・・孫の話・死んだ亭主の昔話・息子の嫁の話・足腰の痛い話等々・・・時には、おばーちゃんから本当に「為になる」お話もあります。特に元気なおばーちゃん・おじいちゃんは、政治・経済の話題にも興味をお持ちの様です。

Photo_3 楽しいひと時、“爺々・婆々会議”と内緒で(自分だけで)名付けて楽しんでいます。

こんな、場所でも特に元気な“爺々・婆々さんは、やっぱり、物事の考え方が積極的で、前向きで、何事にも好奇心をもち、色々と勉強されて人たちが多いのの気付きます。

そんな方々を見て自分も遅まきながら、毎日そんな気持ちを持って暮らしたいと思う今日この頃です。

0366j ただ、残念なことは・・・何年か経つと一人・二人と、この爺々・婆々会議にお見えにならなくなる事です。

お互いに元気でいつまでも!。

Photo_4           “爺々・婆々会議に乾杯!”

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »