« ‟故郷の回想・日本の阿片王” | トップページ | ‟辞世の言葉・考えたことありますか” »

2011年6月 4日 (土)

‟平均より ちょっと上”

私が中学生のころ、親戚の叔父さんから教えてもらった言葉があります。

Photo それが「中庸の精神」と云う言葉でした。生意気盛り、何でも知りたい、年頃の私にその叔父は丁寧に教えてくれました。

その時の記憶には「中庸」とは、「中程」・・・大体の真ん中位と覚えていました。

さて、最近この年齢になり、ふと、また、「中庸」について思いを巡らして見るようになりました。そこで詳しく知ったのです。

Chuyo 

孔子が論語のなかで、言った言葉で 「中庸の徳たるや、それ至れるかな」 と。

意味は、過ぎたることなく、及ばぬことなく、常に変わらないことが、徳として最上のものである。

今になって、やっと「中庸」とはこんな意味が有ったのだと解りました。

さて、そこでこんな事を思うようになりました。何事についても ‟平均より ちょっと上” が良いのではないかと・・・・

学生時代・サラリーマン時代等々では、何事に付けても人より少しでも上に進みたいと考えたものでした・・・が。

現在は、そんなことよりも何事に付けても、 ‟平均より ちょっと上” が良いので、と思うようになりました。

自分の健康・食事栄養・散歩・読書等々・・・この事が孔子の名言「中庸」につながるのではないかと思うようになりました。

Photo_2 最近では、孫たちにも何でも ‟平均よりちょっと上” で大丈夫だ!と話しています。もちろん、私自身にも!。

0366j_2 女性にもてるのも‟平均より ちょっと上”がいいぞ!・

  ”女性にもてたい願望の青年?よりの一言!”

|
|

« ‟故郷の回想・日本の阿片王” | トップページ | ‟辞世の言葉・考えたことありますか” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/40255383

この記事へのトラックバック一覧です: ‟平均より ちょっと上”:

« ‟故郷の回想・日本の阿片王” | トップページ | ‟辞世の言葉・考えたことありますか” »