« “親分! こんころもっちは~どうでい!・・・” | トップページ | “美人風景” »

2011年7月31日 (日)

“秘めた恋の物語”

0417j_2 なんと、“悩ましい” ブログの題名になりました。この年齢になると、恥ずかしい心が少なくなり、何でも白状出来る様になりました。

若い頃なら、・・・青年時代なら、・・・こんな恥ずかしいブログは書けなかったかもしれませんね。

百人一首にこんな歌がありました。・・・

  “忍ぶえど 色に出にけり わが恋は

        ものや思うと 人の問ふまで”

この歌は、昔でも今でも男女の心の機微、同じ恋をしても、なかなかそれを口に出して言えない、ナイーブな恋心を歌った歌ですね。

Photo_2 歌の意味は、“心に秘めてきたけれど、顔や表情に出てしまったようだ。・・・私の恋は「恋の思い事で悩んでいるのですか?」と、人に尋ねられる程になって。」・・・こんな歌の意味なんですね。

(参考)この歌に作者は、平兼盛(たいらのかねもり)で三十六歌仙の一人。

この、百人一首の歌の様に若いときには、心の中で,これこそが自分の秘めた恋心だと勝手に思ったりして・・・楽しんでいた様なところがありました。

誰にだって秘密の恋心の一つや二つは有りますね!?。

さて、この頃になって悪友とお酒を飲みながらの会話で・・・よく聞かれます「墓場まで持って行きたいと思う秘密は有りますか?・・・と。

Photo_3 この際、思い切って白状しませんか・・・と。

そう聞かれても・・・でも、墓場まで持って行こうと思っている秘密ですから、どうしても言えませんと、お断りしています。

Photo_4 

さて、墓場まで持って行く“秘密”を今の内に整理して・・・大事な “恋 ” の一つ・二つを思い出の中から決めておこう~と・・・。

誰にも内緒で・・・死んだ後なら「秘密が」がばれても構わない・・・よ!・・だ。

         “不良老年の一言”

|
|

« “親分! こんころもっちは~どうでい!・・・” | トップページ | “美人風景” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

暑中見舞いありがとうございました。いつまでも若々しく、お元気でブログがんばります・・・lovely

投稿: サロン・ド・ゆうこ | 2011年8月 2日 (火) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/41027306

この記事へのトラックバック一覧です: “秘めた恋の物語”:

« “親分! こんころもっちは~どうでい!・・・” | トップページ | “美人風景” »