« “人間・齢を取ると丸くなる??・・・” | トップページ | “夢の四馬路・虹口の街・外白渡橋” »

2011年9月 5日 (月)

“盗みを許される夜?・・お月見の夜の風習”

台風一過・秋空とはいかなかったのですが、間もなく秋本番ですね。9月12日は “中秋の名月” を迎えます。

Photo私の育った北摂の山村では、この中秋の名月の夜に、各家でお月様にお供えものをして、お月さんを眺めてお祝いをしたものです。

Photo_2 萩の花と、ススキを花瓶に挿して、里芋の煮っ転がしをお鉢 一杯に積み上げてお座敷の縁側にお供えをするのです。Photo_3

さて、そのお供えの「里芋」を私たち子供は、そっとその家の縁側に忍び寄り細い竹で作った槍などでそのお芋をつきさして、逃げるのです。・・・こんな楽しい風習(盗んでも叱られない)があったのです。

Photo_4 その名月の夜は本当に子供たちにとっては楽しい夜でした。

お昼から細い竹やりの準備をしたり、どこの家が一番忍びやすいか?、2階で供えてある家にはどの電柱から二階に忍び込むか?・・・と、色々と友人たちで計画を立てて夜を待ったものでした。

が、この芋泥棒は余り成功しませんでした。なぜならば・・・忍び込んだその家の縁側の障子の影で見張りをしている人がいて、その人に水をぶっ掛けられて退散・・・・。芋を突き刺したけれどもお鉢がひっくり返って失敗!・・・。

でも、まれには、おば~ちゃん一人の家では、まんまと “成功”! した記憶などが有ります。

Photo_5 その晩の、最後の “いも泥棒” は結局自分の家の芋を思い切り竹やりにさして、口いっぱいお芋をたべて、その夜の楽しい風習を終わりにしたものです。

最近はこんな風習が無くなったと聞いています。少し寂しい気も致します。

「盗み」は悪い事です。・・・でもこんな素朴な風習の中から子供たちは大人の人達から、“情操教育” をうけて、善悪の事も教わって育ったものでした。

9月12日は “中秋の名月” 晴れるといいな~!

        童心に還りたい老人より

|
|

« “人間・齢を取ると丸くなる??・・・” | トップページ | “夢の四馬路・虹口の街・外白渡橋” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お月見ですか ・・・・

秋の七草の覚え方

  おきなはすくふ (沖縄掬う)

と教わりました。


オミマエシ・キキョウ・ナデシコ・ハギ

オバナ(ススキ)・クズ・フジバカマ


懐かしい想い出です。

晴れるといいですネ !!

投稿: ippico | 2011年9月 6日 (火) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/41510531

この記事へのトラックバック一覧です: “盗みを許される夜?・・お月見の夜の風習”:

« “人間・齢を取ると丸くなる??・・・” | トップページ | “夢の四馬路・虹口の街・外白渡橋” »