« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

“敗戦処理! 真弓監督の総括!”

プロ野球も今シーズンが終了いたしました。

Photoタイガースは結局4位でした。・・・その責任で真弓監督は契約途中でしたが解雇されました。

さて、以前にも書き込みましたが、昭和22年以来の熱狂的なタイガースフアンです。

でも、実は真弓監督になってから、タイガースの試合を見る回数が減りました。・・・今年はほとんど見なくなりました。

その理由は、「真弓監督」です。試合運び・選手起用・投手交代・・・等様々な事で、試合が以前の監督時代より面白くなくなったのが原因です。

監督采配の良し悪しは専門家に論評して頂くとして・・・2.3私なりの考えを書き込んで見ます。

Photo_2 選手の起用・交代時の決断・試合の作戦等私たちフアンからしてはどうも面白くなかった。・・・何かチグハグで・・・何故ここで、バンド?・・・何故ここで、代打が出ないの?・・・何故ここで、ピッチャーが交代しないの?・・・私たちフアンの考え方とあまりにも違い過ぎた様に思います。

結局優勝争いから脱落、3位にもなれずに退陣する結果になりました。

ハッキリ言うと「監督」としての能力が無かった事の一言に尽きます。退陣会見の本人の言葉にも有った様に、「監督としての力が無かったと云う事」です。

真弓監督には、・・・しっかりした自分の「野球理論」が無かったのかも知れません。試合中にメモを取る姿を見かけました・・・これも「疑問」の一つです。

試合中にメモをとるのは、コーチの仕事で、監督としての仕事はその試合の場面で、勝利に直結する最善の方法を決断するのが仕事で。監督自らがコーチのする仕事・・・すなわち下士官になって戦ってもその戦争には勝てません。司令官が自ら鉄砲を打っていては必ずその戦争は負けます。

Photo_3
オリックスも4位に終わりましたが、・・・タイガースの4位とは当然ながら違います。

オリックスの岡田監督がシーズン終了報告をした際にオーナは「チームの戦力からすると100点でも、落第もない」言われた。

タイガースの真弓監督の場合は「チームの戦力からすると監督の采配の不味さで・・・落第だ」とハッキリ言い切る事が出来ます。

さて、昨日和田新監督が誕生いたしました。私の考えでは、和田コーチも真弓監督と同罪です。引責辞任した三コーチと同様に責任をとる立場の人間です。

その、コーチを次の監督にするのは。タイガースのフロントの「甘さ」故でしょう。

Photo_4 いずれにせよ、新しい監督が決まりました。

来シーズンからは今までの様に「タイガースキチガイ」に戻って応援出来るような、素晴らしい・楽しい・元気な・タイガースの試合をしてほしいものです。

     

   何と言っても惚れた弱みでタイガースが好き!。

       ”頑張れ! タイガース!”

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年10月25日 (火)

“神様は公平か・・・それとも不公平?”・・・!

今月10月を神無月と言われています。Photo

出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため出雲以外には神様が居ないと言われる、中世以降に広まったと云う俗説があいます。

無神論者だと思っている私がこんな話題を話すと笑われるかも知れません。・・・でも書いて見よう~・・・と。

昔、昔、若い時にある先輩からこんなお話を聞いた事が有ります。

「神様は公平だ!・・・立派な神様が人間に不公平にする筈は無い!・・・」と。

だから、神様は我々全ての人間に対して公平で・・・「人生に与えてくれる幸せの量はみんな同じなんだ。・・・」と。

Photo_3 今、現在幸せな人は・・・今を大事にする事だ・・・・今が幸福の時期・・・。

今、苦労をして不幸に思っている人はもう少し辛抱して頑張れば、幸せの時期が巡ってくると・・・。何故なら神様は立派で公平だから・・・と。

こんな話を聞いて、若いその時期に「なるほど。もっともだ。」と思った事が有りました。でも、色々と違う人にお聞きすると異なったご意見もありました。

例えば、「神様は公平」と云う事とは逆に「神様は不公平」だ!・・・と。そこで、こんなお話を聞きました。

0306j

「神様は不公平」だ!。・・・私は生まれてこのかた何も良い事はなかった。家は貧しかった上に身体も不自由だった。それなのに生まれた時から全てに恵まれた者がいる、「不公平」だと思いませんか・・・どうしても私は納得が出来ません。私は自分の一生を、いつも嘆き神様を呪い続けます・・・・。

父と母が亡くなってから,私の友人知人のあからさまな、手の平返しなどたくさんの辛い事も体験いたしました。・・・

明らかに「神様は不公平」です。・・・また、こんな記事も読みました。「神様なんて、居ないよ。誰かのせいにして目を背けるのは止めよう・・・と。

さて、色々とお話しを聞いていて正直迷ってしまいます。

「神様は公平か」はたまた「神様は不公平か」と・・・。                     

私は迷った時は「良い方」を正しいと信じる事にしています。

0390j だから、「神様は公平だ」と信じて与えられる “幸福(しあわせ)”  が巡って来るまで元気で待つことに致します。

でも、老い先短いぞ!・・・天にまします我らが神よ・・・。早く幸福をください!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月21日 (金)

“食いよけあるなあゝ~・・・食欲の秋!”

秋・真っ只中!・・・いよいよ食欲の秋ですね。これから、いろいろと美味しいものをいただけるシ~ズンになります。

Photo_5 さて、子供の頃、私たちの育った山村では、美味しいものが 食卓に並ぶと「これ、食いよけあるな~」・・・と云う言葉を使ったものです。

たくさん食べられる、・・・と云う意味の他に、私たちは「これはとても美味しいものである」と云った意味にも使ったものです。

専門的に解説すると?・・・

~よけ((ノ_-。)~ごたえ。

「動詞」+「よけ」=「ごたえが有る」。

こうなるらしいで~す・・・。

0437j

また、こんな意味で使った事があります。

「田んぼの草取りを言いつけられて・・・嫌・嫌、田んぼに行って・・・その草の多さに、また広さに・・・「あゝ~こらあ(これは)し~よけあるな~(仕事のし応えがある)。と・・・。

ある、友人と夕食を一緒にした時の思い出・・・美味しい料理を食べた後・・・これ、食いよけあったな~(美味しかったな~)と云ったら、その友人・・・そんなによ~け(多く)なかったよ・・・。こんな言葉のかけ違いも有りました。

0481j いづれにせよ、この年齢になると、よ~け(多く)なくても “食いよけ” (美味しい)あれば,エエな~!。

   

     食欲の秋に一言!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月19日 (水)

“同じことの繰り返しが幸福かも!”

この道は、昨日も通った道だった。・・・・・。

昨夜も、ビールが美味しかった・・・・・。

今年の秋の旅行の楽しいはずだ。・・・・・。

0366j 先日、いつもの散歩の途中の「爺・婆」会議での話・・・・・。

ある、おば~ちゃん曰く、毎日々々・・・・同じことの繰り返しで、ダイエイへ買い物に来て、また明日は病院通いして・・・え~加減しんどいわ・・・・・と。

そこで、他のおば~ちゃん曰く・・・・・。

おばあ~さん、毎日々々同じ繰り返しが「幸福」(しあわせ)なんかも知れんよ・・・・。

0404j毎日、毎日、美味しいもの頂いて・・・・。

毎日、毎日、散歩して・・・・。

毎日、毎日、お買い物に来られて・・・・。

これが、本当に「幸福」なのかも知れないよ・・・・。

他の、みんな「同感」・「同感」・・・異議なし・・・・。

毎日、同じ繰り返しているけれど・・・・。同じ様で同じで無い事もありますよ。

0676j この、同じ事の繰り返しが・・・・。“今朝も元気で散歩” 出来るのも、“今日も元気でお買いもの” 出来るのも・・・・。こう云う事が以外にも幸福(しあわせ)だった事が・・・・。何か変わった事があれば、気付く事が有るかも知れませんよ・・・・・。

さあ~。きっと、 “同じ事の繰り返し” が物凄く幸福(しあわせ)な事なんですよ・・・・・。

Photo今朝も元気で散歩しましょう!・・・・・。

今朝も元気でお買いものしましょう・・・・・。

今朝は素晴らしい美人に逢えるかも・・・・・。

         “爺・婆会議場にて”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月17日 (月)

“政治家は顔で選べ!”

私のサラリーマン時代に・・・こんな事例を見た事が有ります。

0380j

それは、営業先の、ある会社(中小企業)で30人ほどの社員の皆様は全ての男性は “美男子” 女性は “美人” と云う会社が有りました。

その会社の社長曰く「当社の入社条件の第一は「美男子」「美人」が絶対条件です・・・・と。

続いて曰く「お蔭様で業績良好」です・・・・と。社長さんの持論として「美男子・美人は」は普通の?の人達より “働く意欲・行動力・判断力・決断力等々” すぐれていると・・・(あくまで社長の意見)

他社の人に聞いても「あの会社の業績は抜群」です・・・と。

そこで、まったく関係がないかも知れませんが “政治家は顔で選べ!” ・・・と言う記事を雑誌で読んでふと、昔のサラリーマン時代を思い出した次第です。

Photo さて、いい加減な「マニフエスト」で・・・行き当たりばったりの政策で・・・こんな政治を見て多くの人は腹立たしい思いをされていると思います。


小泉総理以降の総理大臣の写真をみて如何思われますか?。


これも、あくまで私の個人的意見ですが、小泉総理以降で今度の「野田総理」のお顔が一番 “総理大臣” に向いている様に見えますが??・・・。


「マニフエスト」も守れない「約束もできない」こんな覚悟の見えない、場当たり政治では・・・「マニフエスト」や「政策」ではもう選べない。思い切って、・・・この顔なら「何とかしてくれる」と云う期待をもって、今度の選挙では「顔」で選んでみてはどうでしょう・・・!


日本の大事な政治、まして国のトップの総理大臣の事を “顔で選べ” なんて思っているのは本当に情けない気がしますが・・・。

“がんばれ日本!・がんばれ総理大臣!”

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年10月15日 (土)

“俺も昔は悪(わる)だった!・・・?”

最近こんな言葉を何か雑誌で見かけました。・・・この言葉、何度か聞いた事が有るので記憶をたどって見ると・・・ありました!。

0418j 数年前の小学校の同窓会で会の世話役で幹事の一人が宴会の席上でしきりと,参加した同窓生やご招待した4人の先生に向かって発していた言葉・・・それが “俺も昔の小学生時代は悪(わる)だったと・・・。

ところで、小学校時代を振り返って見て思うにそう言って回っている幹事のT君は、実は至極おとなしい子供だった事は先生以下同窓生のみんなが知っていて顔を見合わせて苦笑したものでした。

0289j 先生曰く・・・君の方が(私の事)もっと悪(わる)だったよね。と・・・・。

小学校卒業後は中学(旧制)高校も違ったし、もちろん就職先も違って数十年経過したのだから途中での彼の変化は解りません。

0379j おとなしかった彼が 〟俺は・昔は悪(わる)だった!と言っている彼の変わりように皆は一様に驚いたものでした。

閑話休題・・・話はせておき、その懐かしい小学校の同窓会が今年は春の開催予定が延びてまだ開かれていない。現在の幹事さんの体調不良がその原因らしい。

最近の同窓会の参加者は40人クラスが、20人~18人~15人・・・と減少して、前回は10人程になってしまいました。

現在の幹事さんの体調が回復して、また同窓会が開かれる事を元気な10人余りの同窓生は心待ちにしている今日この頃です。

0336j 子供の頃の・・・昔の頃の・・・悪(わる)でも善(ぜん)でもよいから、出来るだけ多くの悪(わる)どもが参加して同窓会を楽しみたいものです。

     昔の少年より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月12日 (水)

「万里一空」・横綱昇進・・口上「蒙古追放!」

Photo_3 先月の9月場所で久しぶりに日本人琴奨菊が大関に昇進された。その時の口上が “万里一空” と云う言葉で、宮本武蔵の五輪書の中の言葉からと云って話題になりました。

私の持っている「五輪書」の資料の中からはその言葉が見当たりませんでした。

Image ともかく、この “万里一空” は宮本武蔵の兵法書「五輪書」の中の「山水三千世界を万里一空に入れ満天地とも欖(もとめ)るから 引用した言葉で、「動揺せず、迷いない冷静な状態である事が望ましい」と心の有り方を説いたものです。

さて、先日図書館で読んだ「エッセイ」の中にこんな記事を見つけました。

大関・横綱の地位を受ける時に「口上」を言う仕来りが有ります。

今まで。

     貴乃花が大関に昇進する時は「不澆不屈」

          若乃花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「一意専心」

こんな言葉を述べてその決意を表明しました。

今度の琴奨菊の場合は「表題」の “万里一空” でした。

Photo_4 大勢の相撲フアンは早く日本人の強い横綱の出現を待ち望んでいます。

そのエッセイでは・・・日本人の関取が横綱に昇進する時の「口上」に・・・“蒙古追放” と云う言葉を用意して欲しいと・・・の事でした。一種のブラックユーモアでしょう。

Photo_5 多くの日本人の相撲フアンは・・・私も含めて・・・この言葉 “蒙古追放” には大賛成かもしれません!

        早く出てこい!・・・日本人の横綱!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 9日 (日)

“・・・・鳴く鹿の 声きくときぞ 秋は悲しき”

昨日のテレビニュースで奈良公園の鹿の角切り行事が放映されていました。この映像を見て、いよいよ “秋・本番!” だとの思いを深くいたしました。

Photo 奈良の鹿の角切りの行事は江戸初期の寛文年間(1671年)に危険防止とj樹木の保護のために始まった伝統の行事だそうです。雄の鹿の角は毎年生え変わり、春先(2・3月)に自然に脱落して、4月から新しく生えだします。秋10月・・・今頃に角が完成するためこの時期に角切りが実施されます。古都の秋を彩る勇壮な行事です。

さて、秋本番・・・この行事を見ていつも思いだす句が有ります。

  奥山に紅葉ふみわけ 鳴く鹿の声きくときぞ 秋は悲しき 

Photo_2 去年の秋にも「百人一首・秋の物語・・・5句」と題してブログに書き込みました。・・・少し重複するかも知れません。

この句の作者は「猿丸太夫・さるまるだゆう」で・伝未詳・伝説上の人物とも言われています。

もみじを分けて奥山を行く人・・・鹿のイメージはそれだけで充分哀れ深い趣をもつもので、深山の静寂の中、かすかに聞こえるものとては、萩の花の下落葉を踏み分けていく鹿の足跡ばかり。妻を恋うて鳴く澄んだ鹿の声がひびく。一抹の華やぎを含んだ静寂感のうちに秋という悲哀の季節の真髄を見事に歌いあげられている様です。

0328j 秋で思い出すこんな言葉が 有りました。

① 一日千秋

② もの言えば 唇寒し 秋の風

③ 一葉落ちて 天下の秋を知る

④ 秋の鹿は 笛に寄る

また、

★ 柿が赤らむと 医者が青くなる

★ サンマが出回ると あんまが引っ込む

この二つの言葉はいずれも “旬” の美味しいものを食べると健康のなると言うところから言い表されている言葉らしいですね。

Photo_3 さあ、! 食欲の秋・美術の秋・健康の秋・・・元気で秋を楽しみましょう!

            秋の大好きな・・・一人として。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月 2日 (日)

“亥の子祭り”

さあ~、!・・・10月になりました。いよいよ秋も深まります。ところで、10月・秋と云う事でこんな事を思いだしました。

Photo “亥の子祭り” 旧暦10月(亥の月)の亥の日に行われる行事で、亥の子祝い・亥の子祭りと言われて、特に西日本特有の風習です。

私の生まれ育った北摂の山村でも行われていて、私も5歳前後(約60年以上前)に参加したおぼろげな記憶が有ります。

亥の日の夜、近所のガキ大将をトップに数人のグループに分かれて、1メートル位の藁で作った棒状のしめ縄で、地面を叩き大声で数え歌風なお囃子を唄いながら・・・その年に結婚された家の前に行くとたくさんのお菓子・お餅などを頂けたものです。

Photo_2 この風習は、猪の多産にあやかり、「無病と子孫繁栄」を祈るための行事だったとの事です。

春に山から亥(猪)の神様が田畑に降りてきて、秋の収穫が終わると山に帰ると云う考えがその始まりだったようです。

Photo_5

各地方によって、色々とお囃子の文言があった様です。

例えば。

亥の子のボタン餅祝いましょう

 一つや、二つじゃ足りません

    蔵に千石積むほどに

            お神酒を添えて祝いましょう

また、   亥の子 亥の子 亥の子の晩に

            餅つく衆は 福梅 小梅

Photo_4 私たち子供はこんなお囃子を唄った記憶が有ります。

亥の子 亥の子 亥の子の晩に

     重箱拾った 開けてみれば

         重平衛さんの ○○玉!・・・。

新婚さんの家でたくさんのお菓子・お餅を貰った楽しい風習も、昭和16年の大東亜戦争の勃発を境にすたれて無くなっていきました。

また、村も開発され、最近は新しく地方から移住された方と旧村の方々との調和の問題もあって、色々の風習がすたれていったのは残念ですね。

          昔を思い出した老人より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »