« “亥の子祭り” | トップページ | 「万里一空」・横綱昇進・・口上「蒙古追放!」 »

2011年10月 9日 (日)

“・・・・鳴く鹿の 声きくときぞ 秋は悲しき”

昨日のテレビニュースで奈良公園の鹿の角切り行事が放映されていました。この映像を見て、いよいよ “秋・本番!” だとの思いを深くいたしました。

Photo 奈良の鹿の角切りの行事は江戸初期の寛文年間(1671年)に危険防止とj樹木の保護のために始まった伝統の行事だそうです。雄の鹿の角は毎年生え変わり、春先(2・3月)に自然に脱落して、4月から新しく生えだします。秋10月・・・今頃に角が完成するためこの時期に角切りが実施されます。古都の秋を彩る勇壮な行事です。

さて、秋本番・・・この行事を見ていつも思いだす句が有ります。

  奥山に紅葉ふみわけ 鳴く鹿の声きくときぞ 秋は悲しき 

Photo_2 去年の秋にも「百人一首・秋の物語・・・5句」と題してブログに書き込みました。・・・少し重複するかも知れません。

この句の作者は「猿丸太夫・さるまるだゆう」で・伝未詳・伝説上の人物とも言われています。

もみじを分けて奥山を行く人・・・鹿のイメージはそれだけで充分哀れ深い趣をもつもので、深山の静寂の中、かすかに聞こえるものとては、萩の花の下落葉を踏み分けていく鹿の足跡ばかり。妻を恋うて鳴く澄んだ鹿の声がひびく。一抹の華やぎを含んだ静寂感のうちに秋という悲哀の季節の真髄を見事に歌いあげられている様です。

0328j 秋で思い出すこんな言葉が 有りました。

① 一日千秋

② もの言えば 唇寒し 秋の風

③ 一葉落ちて 天下の秋を知る

④ 秋の鹿は 笛に寄る

また、

★ 柿が赤らむと 医者が青くなる

★ サンマが出回ると あんまが引っ込む

この二つの言葉はいずれも “旬” の美味しいものを食べると健康のなると言うところから言い表されている言葉らしいですね。

Photo_3 さあ、! 食欲の秋・美術の秋・健康の秋・・・元気で秋を楽しみましょう!

            秋の大好きな・・・一人として。  

|
|

« “亥の子祭り” | トップページ | 「万里一空」・横綱昇進・・口上「蒙古追放!」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


知人の孫に、AKB48 わかる ? ・・・・

と言われてアタマにきた。


いくら、後期高齢者の身でも、AKB ぐらいは

知ってらぁ ――


それだけじゃない ・・・・

SKD とか OSK とか

昔から、そういうのは、一杯 あったんだ。


薬屋で未だ 〝 DDT 〟 を売ってた時代だ

けど ・・・・

 

投稿: ippico | 2011年10月11日 (火) 14時19分

いつも楽しいコメント有難うございます。
そうそうDDTで思い出が有ります、発疹チフス
予防のためアメリカの進駐軍に背中・又家中の家具、寝具の消毒を受けた記憶が有ります。
それと難波大劇で「勝浦千浪」の実演に胸躍らせた事もありました。・・・・後期高齢者とバカにするな・・・まだまだ現役だぞ!・・・。

投稿: Ippicoさんへ | 2011年10月11日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/42392936

この記事へのトラックバック一覧です: “・・・・鳴く鹿の 声きくときぞ 秋は悲しき”:

« “亥の子祭り” | トップページ | 「万里一空」・横綱昇進・・口上「蒙古追放!」 »