« ‟思い出づくりに作った本” | トップページ | “身代わり・・・どじょう” »

2011年11月27日 (日)

‟野球の美・純真・感動!”

洋画フアンの私の大好きな、野球映画が有ります。それは・ゲリークーパー&テレサライト主演の「打撃王」です。アメリカ大リーグのヤンキースの大選手・「ルーゲーリック」の物語です。

Photo 何回目になりますか?・・・4・5回ぐらい観ていると思います。今回は特にこの映画に「感銘」うけました。

Photo_2 それは、「野球の美」・「人生」・「恋」・「貧乏」・「父母の愛」ユーモア」・・・そして「男のロマン」等々。いつ観てもこの映画には感動しています。

Photo_3 さて、今回は特に次の様な出来事が世の中を騒がせています。そんな中で、この映画の「野球の純真」さを感じたのかも知れません。

Photo_4 巨人(ジャイアンツ)フロントの、渡辺オーナと清武GMの内紛問題・・・今まで巨人フロントの行動・特に渡辺オーナーの独断専行に疑問を持つ人はたくさん居られたでしょう。今回「巨人の内部はおかしい、・・・こんな事が罷り通っている」と云う事が世間の皆さんに判っただけでも大きい事かもそれません。

Photo_5 ドラフト指名の件・・・菅野選手(原監督の甥)が指名を受けながら拒否した事・・・プロ野球を目指すと云ってドラフトの氏名を待ちながら、自分の好みの球団の指名でなかった事を理由に「拒否」する。・・・これは、選手のわがままで許されるべきでないと、個人的に思っています。

今回「打撃王」の映画を観て、野球の素晴らしさを心から感じ取りました。こんないやな出来事は早く終わらせてほしいものです。

              ‟プロ野球よもっと美しく有れ!”

|
|

« ‟思い出づくりに作った本” | トップページ | “身代わり・・・どじょう” »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/43158504

この記事へのトラックバック一覧です: ‟野球の美・純真・感動!”:

« ‟思い出づくりに作った本” | トップページ | “身代わり・・・どじょう” »