« “震災から生まれた、自衛隊への友情” | トップページ | ‟来年の再起動に向けて!” »

2011年12月14日 (水)

‟転ばぬ先の杖”

この年齢になると(後期高齢者」)・・・こんな言葉が特に身に染みて思い浮かびます。

Img_7956 「転んでから杖を用意しても何の意味もなさない。転ぶ前に用心して手に杖を持つべきである」・・・誰にも解る言葉の意味ですね。

この言葉と同じ様な意味を持つ言葉が数多く有ります。

          例えば。

          石橋を叩いて渡る。

          後悔先に立たず。

          備えあれば憂いなし。

          念には念を入れる。

          予防は治療に勝る。

等々・・・ちょっと思っただけでこんなにたくさんあります。

さて、最近こんな事が起こったので特に ‟転ばぬ先の杖” と云う言葉を思い出します。

散歩仲間の一人が最近とみに足が弱られて・・・友人仲間から「杖を突いて歩いたら安全だから」と・・・口を揃えて忠告していたのです。・・・彼曰く「杖なんかかっこ悪くて持てるか」・・・と相手のして呉れません。

Photo_2 それから、何日か経ってその友人と逢って驚きました。・・・顔は傷だらけ、頭に包帯、手足は腫れあっがって、・・・それは大変な姿でした。・・・彼曰く「うっかりして躓いて転んで・・・大怪我をした・・・と。杖を突いて歩いていました。

               これこそが、まさに ”転ばぬ先の杖” なのです。  

人の事は言えません。私自身も高齢になり特に「転ばぬ様に気を付けて」歩いています。心に杖を持って。・・・

もう少し時が経てば「心に杖」だけでなく、‟転ばぬ先の杖”・・・の言葉通りに杖を持って歩く決意を固める時期が来るかもしれません。

2 その時は‟転ばぬ先の2本杖”・両手に杖を持って歩く事に致しましょう。

    転ばないで・怪我をしないで・いつまでも元気で!

|
|

« “震災から生まれた、自衛隊への友情” | トップページ | ‟来年の再起動に向けて!” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


今年の漢字が予想通りダントツで 〝 絆 〟 が

選ばれました。


では、四字熟語は ・・・・・

  年々宰々   年中行事の総理交代

  天威無法   東日本大震災

  帰路騒然   首都圏交通ストップ

  愛円義援   内外からの義援金

一松懸命   高田市の奇跡の一本松

  計欠停電   不足して知った電力事情

  電考節夏   団扇の風 ・ 緑のカーテン

  舌禍繚乱   大臣 ・ 官僚

  賛否農論   TPP


愈々、今年も残り少な ・・・・・

辰年へ向かって頑張りましょう。

投稿: ippico | 2011年12月16日 (金) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/43369438

この記事へのトラックバック一覧です: ‟転ばぬ先の杖”:

« “震災から生まれた、自衛隊への友情” | トップページ | ‟来年の再起動に向けて!” »