« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

‟立入禁止・DON’T ENTER!”

こんな「看板を」をよく見かけます。・・・ところで私はいつもこの看板を見掛けると、好奇心からつい気になって中を覗いて見たり、何故入ってはいけないのか?気になります。

0419j 但し、見るだけで、気に留めるだけで、中へは入りません。「ルール」を守る事が、私たち人間の身体と心の健康に良いと信じているからです。

私の知人に、少しお目が悪い人が居られます。・・・もちろん白い杖を突いておられます。

転ばないで、怪我をしないで・・・といつも心配して見守っています。

でも、その方は少し変わった方で、「ルール」を守らないのが有名な方です。?・・・・

例えば、道路の工事中に「立入禁止」の立札を見ても、そこを歩いてはいけない事が分かっても「看板」に関係なく、そこを通行していかれます。

Photo 工事関係者の人注意をされると、白い杖を突きだして「これが見えないか!?」と・・・無理矢理通行しょうとされます。

ドラマの「水戸黄門」さまの印籠のごとく突き出して!。

「ルール」を守る事が「健康」生活をしていく上に一番大事な事だ教えてあげているのですが・・・。

皆さん!危いから「立入禁止」には、入らない様に致しましょう!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月25日 (水)

‟いき・いき!と・・・”

散歩・図書館・パソコン・・・こんな毎日を送っている私にとっても、今朝の様に粉雪が舞い散り、寒風が吹くと流石に散歩をやめようか?・・・図書館へ行くのは止そうかな・・・と迷います。

でも、兎に角思い切って行動に移せば・・・やっぱり散歩して良かった!・・と思います。

0358j

人間、とにかく思い切って、毎日を ‟いき・いき” と生きたいものですね。

最近、前を向いて進もう!・・・夢をもって進もう!・・・とかそんな「ブログ」ばかりになりがちです。

口では ‟今が青春!” ‟元気もりもり” とは強がっているけれども「やっぱり」この年齢になると・・・体力の衰えは争えません。

だから、せめて、気持ちだけでも・・・心だけでも、それを「反面教師」にして無理でも元気を心にいれて、毎日を生活と思うのかも知れません。・・それも ‟いき・いき” と。

0768j

‟いき・いき” と云う言葉が目に付いたのも、こんなことからかも知れません。毎日えーかっこして・無理にでも元気な気持ちを植え付けることが・・・それが本当に自分の身に付いて、毎日 ”いき・い”き と暮らせる様になるのかも知れません。

         さて、今日も言い聞かせよう!・・・自分自信に!

          ‟いき・いき” と今日も元気で過ごすぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月21日 (土)

‟物語のある人生”

ふと、「たばこ」の宣伝に、こんな言葉の有るのを見つけました。私好みの文言で「ロマン」を感じる言葉だと思って、心の中に温めました。

Photo さて、‟物語のある人生” とは、・・・どんな人生なのでしょうか。山有り・谷あり・の人生が、「物語のある人生」なのでしょうか?・・・それだけでは少し・何か物足りない気もしますが。・・・?

ある先輩が昔、こんな話をしておられました。それは、・・・人間80歳を過ぎて、老人?・になって、・・・我が家の縁側で「ロッキング チェア」に座って、日向ぼっこをしながら、・・・若かりし頃の出来事を、・・・それも恋物語を思い出しながら、人生を振り返るのが最高の ‟人生” なのだ!・・・と。

Photo_2 さて、ところで、・・・私にそんな楽しい・素晴らしい、思い出が有ったのかな?・・・。

それは、ともかくとして、現在、昔の思い出の物語を見つけ出すより、現在を元気で、楽しく、生きる方が大事なのかも知れません。

Photo_4

‟物語のある人生”を振り返るのは、もう少し・・・もう少し何年か先に引き伸ばしたいものですね。

             ‟現在の人生物語に乾杯!”

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年1月19日 (木)

‟今が・・・青春だ!”

heart02 来年80歳になる私が ‟発する!” 言葉では無いかも知れません。・・・・でも、声を大にして叫びたい!・・・‟今が青春だ!”・・・と。

Photo

happy01 何故ならば・・・青春とは・・・気持ちの持ち方が、青春か・それで無いか?   を左右すると思っています。

heart01 最近は、余り叫びませんが?、妻が亡くなってから数年は・・・‟独身、真っ只中!” ・・・‟今が・青春だ!” と口に出したものです。(失笑された?)

heart02 この言葉を、妻の命日にお詣り頂いたお寺の住職さん(浄土宗)が、この言葉に共鳴して下さいました。

note 禅師、曰く・・・世の中に残った家族が元気なほど、亡くなった人への本当の供養になるのだと。・・・お寺さん解ってらっしゃる!?。

Photo_2

lovely それは、ともかくとして・・・‟今が青春だ!” と思うのはやっぱり自分の心の持ち方が第一かもしれません。

kissmark いつまで続くか知れないけれど、好奇心を持って進みたいものです。

sign02 好奇心からこそ、創る力が生まれる・夢が実現できる・・・そして、いつまで  も若い気持ちが持続出来る原点だと思っています。

Photo_3        

       新らしい事に挑戦!・チャレンジ精神を持って!

              ‟青春に乾杯!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月15日 (日)

‟寒 の 餅”

今日は小寒・・・1月21日~2月3日までが大寒です。1年で一番寒い時期とされています。

この時期のお水で洗ったもち米で搗くお餅は・・・カビが生えなくて、保存性がよく、健康にも良いとのことで、子供のころ、生家では立春前の2月1日ごろに大々的に ‟寒餅” を搗いた記憶が有ります。                       

Photo 昔から、受け継がれた風習で、それは、それは家族総出で賑やかなお餅つきでした。

その第一の目的は、保存性の良い(カビが生えない)この時期のお餅を・「かきもち」・「あられ」等に加工乾燥して、長期間食用に作ったものです。

思い出します!。・・・その当日は午前3時ごろから始まります、洗ったもち米の水を切って蒸し器(セイロ)で蒸しあげる・・・そのため一番大きなお釜で薪を焚く・・お餅つきの始まる5時ごろからお昼ごろまではそれは賑やかなものでした。

Photo_3

子供のころ、その風景を寝床の中から眺めてお持ちの出来上がるのを心待ちに待ったものでした。・・・途中待ちきれずに起き出して・・・余り邪魔をしない様にと叱られながら座敷の隅の火鉢にあたりながら・・・眺めたものでした。

そもそも、寒餅作りは、前年の秋のもち米の収穫の折より、今年は何十斗のもち米を使うか、親戚の分はどうするか、親戚のどの家と共同で餅つきをするか、と相談が始まったものでした。

「海老入り餅」・「豆入り餅」・「青のり餅」・「砂糖餅」・「ウル餅」等々その計画を父親中心に話し合われたものでした。

Photo_4

かきもち用の餅を搗く合間に、その時に食べる「あんころ餅」・「きな粉餅」・「降ろし大根餅」が出来るのをまって・・・楽しく・美味しく、頬ばったものでした。

Photo_6 

この時期、1年間で一番寒い時期になります。でも、昔はこんな寒い時期にも  ‟楽しい風習‟ が有りました。・・・また寒い中の、‟寒稽古” ・・・山での ‟ウサギ狩り” 等々・・・そんな素朴な風習の中から子供たちは、自然の大切さ、食べ物の大切さを学んだものでした。

Photo_8

        寒中にこんな昔の出来事をおもいだして、

      元気で今年の冬も乗り切りたいものですね!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月13日 (金)

‟日向ぼっこ”

さて、寒の入り(小寒)。冷たさがひしひしと身体に沁みる様になりました。

Photo_2 散歩していてふと、陽だまりに足を止めて冷たさに太陽の温かさを身に受けて温まりたくなる今日この頃ですね。

散歩仲間の知人に・・・それは、それは見事に ‟陽だまり” を見つけて日向ぼっこの達人が居られます。

その人がいる場所は必ず・・・風が通らなく,陽が当り心も暖かくなる場所に間違いありません。

Photo_3 さて、人間勝手なもので、暑けりゃ・暑い!・・・で涼しいところを探し、・・・寒けりゃ寒い!・・・で、暖かい場所を探す。・・・また、これも自然の成り行きかも知れません。

余り、寒いと心に余裕がなくなります、それが「怪我」の元・・・また、病気の引き金になるかも知れません。

Photo_5

適当な陽当たりの場所を見つけて、今日もまた、適度の ‟日向ぼっこ” が健康のために良いのかも知れません。

0630j

ご同輩諸君!・・・今日一日・・・適度の ‟日向ぼっこ” で元気を・・・そしてこの冬を乗り切りましょう!。

  

  ‟冬来たりなば・春遠からじ!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月11日 (水)

‟若返りのための・・忘れる機能”

パソコンを始めて約5年が経ちました。少しは種々機能を習得してパソコンと楽しく遊んでいます。

Photo_2

最近、少しパソコンに慣れて生意気にも中習者気取りでいましたが・・・昨年末に思いがけない大がかりなパソコンのトラブルに巻き込まれて、この頃は初心に返り反省しているところです。

今まで順調に?・・習得した事を良い事に「情報・作品等」を記録保持・・・保存が増えてハードデスクに詰め込みすぎました。

記録する事・・・それ自体は楽しいし、何日も、何年間もその記録に耽溺できるし・・・でも・・・そのためにパソコンの色々のトラブルの要因になりかねない事が解りました。・・・人生又、然り。

Photo_4

もしかして、古いものの「保存」が自分の思考 の前進の妨げになっているのでは無いか?・・・そんな気持ちを持つ様になりました。

人間も、「腦」の中の老廃物をたまには大掃除して、新しい知識を導入するのが・・・いつまでも若さを保つ秘訣なのかも知れません。

時と、場合によってはその前進を阻害している古い「情報・記録」等を消し去る事がまた、前進を蘇えさせる根本になるかも・・・と思う様になりました。

そこで、思い切って「忘れる機能」・・・いわゆるパソコンの「削除」を有効に使う事が必要になる様です。

Photo_5

自分自身の前進の為、勇気をもって

       「不要なものは・削除」して、前に進みましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月 7日 (土)

‟初春の朝の一言!”

この齢のなって今更お正月が「ウレシイ」とも思いません。・・・でもこの齢になってもやぱり新しい年を迎えると云うのは一つの区切りであり、ヤッパリ心が引き締まります。

Photo

‟初春の朝の一言” と言っても、物新しいものではないけれど・・・毎年ながら一言自分を納得させる言葉を見つけ出して、自分の心に沁み込ませています。

この齢になると・・・やっぱり人生が残り少なくなって来たことを実感致します。そこで、今年は特に ‟今日一日を大事に!” と、平凡ですがこの言葉を今年の ‟初春の一言に” に選んで見ました。

Photo_2 以前にブログに ‟毎日同じことの繰り返しが幸福かも。”・・・と云った意味の事を書き込みました。 ‟今日一日を大事に!” と言う言葉と相通じるところがありますね。

同じ意味の言葉ですが、今年一年は ‟今日一日を大事に!” して時を過ごす気持ちを持つ事に決めました。

朝、目覚めた!・朝食!・さあ、~散歩!・そして図書館で読書!・情報の蒐集!・・・そして午後は大好きなパソコンと遊ぼう!。・・・・

今年はこんな生活の基本を特に大事にして過ごします。

もちろん、他の人々から自分を必要とされたらその事に全力を挙げよう!。

もちろん、病院・病気?・・・とも仲良くして。・・・

Photo_3

  さあ~・今年も ‟エ~かっこう” で前に進みましょう!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月 4日 (水)

‟愛しき日々!・・・愛しき人びと!”

早やお正月三が日も過ぎ去りました。おせち料理もきれいに片付きました。

昨夜は鍋料理・・・孫の鍋奉行で・・・ビールの飲み過ぎ!。

0348j さて、今年の年賀状を再読(整理)していてふと、思い出に耽ってしまいました。

小学校同窓生の友人からの年賀状は毎年減るけれど、それでも今年は10枚有りました。クラス42人中の10枚です。・・・とても感激!。

昨年の同窓会が幹事さんの体調不良により開けなくって、お逢いしていません。

その故か、年賀状のコメントが今年は絶対にお会いしましょう・・と・同窓会が開催されなくても、有志だけでも・・・て。

0370j今年はお逢い出来る事を楽しみにしています。

今年も元気で食事会に出席したいです。

今年こそ元気でお逢いしたいですね。

同窓会が無くてもお逢いいたしましょう。・・等々。

こんな年賀状を頂いて私は童心に還り、過ぎ去った子供のころの思い出に耽っています。・・・・・。

Photo

          ‟愛しき日々!・・・愛しき人びと!”

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年1月 1日 (日)

‟いく卯年・くる辰年!”

Photo       ‟謹 賀 新 年” 

2012年新しい年が開かれました。‟何は、ともあれ、新年に乾杯!”

昨年の大変な一年を乗り越えて ”希望の辰年”

そんなイメージーを次の年賀状にして、友人・知人の皆様に送りました。

     

            ‟平成維新のとびらを開け!”

     と、心に念じながら謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

Photo_5

               平成24年正月元旦 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »