« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月14日 (水)

‟暑さ・寒さも彼岸まで!”

先人、曰く ‟暑さ・寒さも彼岸まで” ・・・この言葉の持つ意味をつくづく思い起こさせる今日この頃です。

今日、奈良2月堂のお水取りの行事が終わります、そしてお彼岸がくれば暖かくなりますよ・・・との意味らしいですね。

Photo

              Photo_2

今年は梅の花の開花も遅かった・・・また桜の花の開花も例年よりは遅くなりそうだと云われています。

それだけに今年の冬は寒かったと云う事なのでしょう。一昨日・昨日が今年の寒さの底だとか・・・・・。

人間勝手なもので、‟暑けりゃ暑い”・・・ ‟寒けりゃ寒い”で文句を言う、でもこれも自然の成り行き任せだと思って自分を納得させる事にしましょう。

冬の終わりが近くなり、3月の声を聞くとホットする・・・夏の終わりが近くなり9月の声を聞くとホットする。・・・そしてお彼岸・・・そこで思い出す言葉が ‟暑さ・寒さも彼岸まで”・・・!。

0808j

一年間、同じ道を散歩して・・・特に桜の木の移り変わりを見ていると・・・・・

Photo_3 Photo_5Photo_4

                                              桜の花が散り・若葉が出て・さくらんぼが実り・そして秋には葉が散り始めて・・・冬の寒さに耐える・・・その間じっと桜の‟蕾”を作りながら・この時期を待つ。 ‟暑さ・寒さも彼岸まで” 今頃のなると一年間耐えて待っていた桜の蕾が一気に動き出す・・・開花に向かって・・・さ~春近し!・・・。

老いた私の心も、この桜の蕾に負けないで・・・今年の春も元気に咲いて見たいと思う今日・この頃です。

0366j          ‟寒さも終わった!・・・元気出して行こう!”

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月 8日 (木)

‟車  検”

2年に一度の乗用車の車検の期日が迫ってきました。安全に乗る為の ‟車検制度” は必要だとは認識しているものの、その時期になると・・・年金生活者にとっては、かなりの大型の出費になり、頭を抱えるものなのです。

Photo_2 昔、車検でこんな苦い経験をした事があります。車の動きが至極順調で、走行も絶好調!・・・そんな時期に車検の期日が到来して、やむなく車検を受けました。

車検終了後の車の動きが、今までの絶好調と違い何か違和感があり車の調子が悪くなった?・・・と思った事が有りました。

最近、「車検無用論」 が聞かれます。この考えには私は大賛成!・・・。

いっそ、車検制度を廃止して、‟定期点検制度” を充実させた方がよいのかも知れません。

Photo_3 勿論、人間でも、病気になり体調が悪くならないためには ‟早期発見・早期治療” が一番の様に「定期検査」(点検)が必要です。

もし、車の ‟車検” と同じように、2年に一回強制的に健康な人を入院させて検査を受けさせるとしたら、如何でしょう。

これは、今問題になっている「医療費」の増加に直結して、益々日本の財政を悪化させる事になるやもしれません。

Photo_4 いずれにしても ‟人間は健康で” ・・・車は「安全・無事故」で・・・・このためにも無駄と思われる ‟車検” 制度は廃止したらどうでしょう。

その方が、国民のため・車の為にも良いと思いますが、・・・。

               ‟勝手な老人の独り言”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »