« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

‟気分転換”

さぁ~9月だ!・・・毎年この頃になると心に思う言葉だ!

0311j暑い夏にも、おさらば・・・待望の秋がくる!・・・と。

また、毎年2月の終わりごろになると同じ言葉を思い出したものでした。

寒い冬にも、おさらば・・・待望の春が来る!・・・と。

年々・歳々、おなじ思いの繰り返しで季節が移り・・・
そして年(齢)を重ねて老いさらばえていくのかも?・・・

悲しい思いの言葉はさておいて、季節が変わると云う事は、何をさておいても ‟気分転換” には最高の出来事です!。

Photo

春には春の・・・夏には夏の・・・秋には秋の・・・と、それぞれに楽しい事も、嫌な事も、ありますよ!・・・。

‟気分転換” してこの季節の変わり目を元気で楽しく過ごす様に心がけたいものと、思う今日この頃です。

0493jさぁ~秋が来るよ!・・・元気出して行こう!

          ‟秋には・美味しいお酒も呑めるぞ!”

             色々と楽しい夢も見れるぞ!

           夏バテをしたくない昔の少年より!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年8月23日 (木)

‟走りながら・・・大人になろう!”

八月も後半。いよいよ小学生諸君! 夏休みも残り少なくなってきましたね。
私も遠い昔の小学生時代を思い出しました。この頃になると、夏休みの宿題が気になりだす頃でした。

Photo_29

さて、私は毎日の様に夏の‟風物詩” 蝉しぐれの中を散歩していて・・・こんな事に気付きました。

この、夏の公園・・・セミを初め昆虫等が沢山いる公園で、セミ取り・昆虫採取の子供たちをほとんど見かけませんでした。

Photo_30

ほんの、2組の親子のセミ取りの風景を見掛けましたが、・・・・その少なさに驚いています。         

Photo_31

ちなみに、私たちの子供時代と云えば、夏休みは、「セミ取り」・「昆虫採取」・「水泳」・「盆踊り」・「肝ためし」・・・また地蔵盆には、お地蔵さんの草引き、・・・そのお礼に頂くお供え物のおすそ分け?・・・数えきれないほどの ‟行動” の楽しさが有りました。

Photo_32

春には、タンポポ・蓮華草等草花摘み・夏には、昆虫採取・カブトムシ・クワガタムシ・キリギリス・等・・・もちろんセミ取りも。

Photo_33
秋には、運動会・山へ栗拾い・キノコ狩り・遠足・等々。


Photo


冬には、雪合戦・山へウサギ狩り・小鳥取り・凧揚げ・コマ回し・と動き回ってそして嬉しい「お正月」を迎え、一年を過ごしたものです。

Photo_34時代が変わったとは言え、また、環境も変わりはしたけれども、あまりにも最近の子供たちの ‟行動力” の無さに驚き、またがっかりしています。

Photo_35
花・鳥・草・木・・・自然の中の遊びから学んだ・・・情操教育が子供が大人へと成長して行く中で大事なものでは無いでしょうか。

Photo_2
昔と今は色々な事で違いはあるけれども、子供たちには、もっと、楽しく遊んで、行動して、走り回って・・・大人になって欲しいと思っています。

Photo_23

                  元気な小学生諸君!

                           もっと遊んで! 

                                 もっと走って! 

                                     元気な素敵な!

                                         大人になろう!

                          ‟フレ~! ふれ~!小学生!”

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年8月16日 (木)

‟勝ってくるぞと勇ましく・・・・・。”

昨日8月15日は67回目の敗戦記念日でした。戦争の体験者(小学校2年生~6年生)として、毎年8月には戦争の悲しい思い出をブログに書込みました。

今年は8月の敗戦記念日を迎えてこんな「軍歌」を思い出しました。

 Photo_4    
露営の歌  作詞・薮内喜一郎 
        作曲・古関 祐而
         唄 ・ 霧島昇

 勝って 来るぞと 勇ましく

    誓って 国を 出たからにや

     手柄 立てずに 死なれよか

        進軍ラッパ 聞く度に

           瞼に 浮かぶ 旗の波

           ●

           ●

戦(いくさ)する身は かねてから

    捨てる覚悟で いるものを

      泣いてくれるな 草の虫

       東洋平和の ためならば

           なんの命が 惜しかろか

こんな気持ちを抱いて若い青年たちは戦場へと赴いて・・・大勢の人が戦死されました。

さて、今回はこの歌の「歌詞」と結び付けて・・・こんな事を関連して考えられさせました。

今年の夏は「ロンドン オリッピク」の開催で、種々の競技に一喜一憂して、私たちも連日楽しみながら「金メダル」獲得をされる事を願いながら必死に応援を送っていました。

それこそ、‟勝ってくるぞと勇ましく” 日本を出発されて・・・日の丸の旗々で応援されて頑張られました。・・・そして見事に「メダル」を獲得された方々が居られます。その反面、むなしく敗れて、日の丸の旗の応援に応えられなかった人々も・・・・。

勝って喜ぶ人・・・負けて泣く人・・・こんな光景を見ていて、67年前の敗戦の8月と今年の8月の「オリンピック」を重ねて ‟勝ってくるぞと勇ましく” と言うこんな歌を思い出したものです。

オリンピックも「勝つ」のが第一の目的ではありますけれども、・・・この辺でもう一度、オリンピックの基本の精神「参加する事に意義がある」と云う事を考え直して見る必要があるのかも知れません。

67年目の敗戦記念日とロンドン オリンピックを重ねて、「負ける」と云う事を考えさせられた一日でした。

                                       ‟戦争はゲームではない”

                                      戦争を知る老人の一言

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年8月 8日 (水)

‟健康寿命”

先日新聞でこんな表題を見つけて読みました。
‟健康寿命” とは、一生のうち外出や家事など、日常生活を支障なく送れる期間の事で、何歳まで元気に暮らせるかの・・・バロメーターになっています。

Photo新聞記事によれば、2010年、時点の日本人の健康寿命は男性・70,42歳 女性・73,62歳だそうです。

平均寿命(男・79,55歳  女・86,30歳)と比較すると男性で9,13歳  女性で12,68歳もの差が生じています。

元気で長生きするのが私たち高齢者の共通の目的ですね。・・・其のためには、若い頃から食生活などにも気を配り、いわゆる、生活習慣病を予防する意義を持つ事が第一です。

Photo_3
前回に書き込んだブログ ‟ごきげんな人は長生き出来る” も、健康寿命を延ばす一助になるかも知れません。

来月9月になると「敬老の日」・・・老人の日が来ます。この機会に心して、‟健康寿命” を延ばす工夫をしたいものですね。

0407j_2その為に、散歩・読書・楽しい会話・・・もちろん食事にも気を配り・・・お酒も、ほどほどに、・・・そして「禁煙」を実行して・・・。

さぁ~暑い夏を乗り切って・・・爽やかな秋を迎えて・・・・

           ‟健康寿命を延ばしましょう”








| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年8月 5日 (日)

‟あんたが居てくれて・・・よかった!”

ほんまに、‟あんたが居てくれて・・・よかった!” こんな思いをした事は、誰にでも二度や・三度はきっと有る筈ですね。

夫婦・親子・友人等の関係の中で、何か不意の出来事が起こった時本当に ‟あんたが居てくれて・・・よかった!” 思う事が有ります。

20111

ご主人に、「あんた(おまえ)が居てくれてよかった!」と言われたら貴女はどう思いますか・・・。

その反対も有りますね。
奥さんに、「あんたが居てくれてよかった!」・・・と。

友人に・・・「至急お願いします」・・・‟あんたが居てくれて・・・よかった!”・・・・
本当に有難う・・・と。

こんな、昔の事を思い出しました。ある物ををどこに収納したのか、どこに入れたのか、分からなくてほとほと困った事が有りました。
家内が、一緒になって一生懸命に探してくれた結果、ある物(私にとっては大事なもの)を家内が見つけ出してくれました。・・・その時、つくずく思いました。
「あんたが、一緒にさがしてくれてよかった」・・・と。

Photo_3

だんだん、齢を重ねて、人生の終わりがちかくなります。
さて、その人生最後の時に、・・・息子・娘・孫・等に ‟お前が居てくれて・・・よかった!”・・・人生をおわりたいものですね。

こんな歌の歌詞を思い出しました。

Photo_2               元気な、現在 ‟あんたが居てくれて・・・よかった!”

               そう思える素晴らしい友人をもっと探そう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »