« ‟観艦式にて・・・五省の精神” | トップページ | ‟赤い糸” »

2012年10月24日 (水)

‟この指とまれ!”

幼い子供の頃「この指とまれ!」・・・と、声を大にして遊んだ経験はありませんか?・・・。

‟かくれんぼ・する者寄っといで!” ・・・この遊びの原点かも知れませんね。
Photo_7                              観音寺立像
さて、
私たち、歴史サークルでは、毎月の会報に「この指とまれ」・・・と言うコーナーがあって、発案者から会員の皆様に「お誘い」記事が掲載されます・・・「この指とまれ」と・・・・。

これは、会報の編集者の素晴らしい気転で始まりました。回を重ねてかなりの回数になりました。

その「この指とまれ」のお誘いの代表的なものを挙げて見ると、こんな「この指とまれが」有ります。

               日本にある、国宝11面観音七体を拝みに行きませんか・・・。
Photo_8                              向源寺立像

奈良聖林寺を初めてとして、来月11月の京都六波羅蜜寺が第6回目、12月が最後の七回目奈良室生寺になります。

Photo_4                              聖林寺立像

私自身も何回か参加させて頂き、このブログに拝観記事・写真を書き込んだ記憶が有ります。

Photo_5                              道明寺立像

ころで、私自身もこの「この指とまれ」のコーナーにお誘いの計画を記載した事があります。

Photo_6                              法華寺立像

それは、「グルメと歴史散策の旅」と題して、「伊勢安乗フグ」を賞味して伊勢の歴史にふれて来ました。
Photo_9                             六波羅密寺立像
Photo_10                               室生寺像

12月号(次々回)の会報に第2回目「この指とまれ」のコーナーにお誘いの計画を記載いたします。

Photo_11
         「伊勢エビ・残酷焼き」と歴史浪漫の旅・ぶらり松阪を訪れる」

美味しいものを頂いて、・・・。そのあと、・・・・。

蒲生氏郷が築いた「松阪城跡」・本居宣長の居宅「鈴屋」・宝塚古墳出土船の「はにわ」等々を拝観して、歴史を楽しんで来たいと思っています。

 ‟さぁ~元気で・健康寿命を延ばそう!”

|
|

« ‟観艦式にて・・・五省の精神” | トップページ | ‟赤い糸” »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/47574694

この記事へのトラックバック一覧です: ‟この指とまれ!”:

« ‟観艦式にて・・・五省の精神” | トップページ | ‟赤い糸” »