« “人畜無害” | トップページ | “流星(ほし)に願いをこめて” »

2013年8月12日 (月)

“昭和の思い出・・・70年前の盆踊り”

今年も8月のお盆前になると、土・日の夜になると、あっち、こっちで盆踊りの音頭が聞こえてくる季節になりました。

Photo
夏休み子供たちにとっても楽しみの盆踊り大会ですね。 最近の盆踊りと言えば、子供たちの踊りの曲(音頭)は炭坑節等で楽しく盛り上がっていますが、大人の人たちの盆踊りはなんと言っても、この辺りでは、 “河内音頭” と “江州音頭” が主流ですね。

“そりゃ~・・・よいとよやまか~・・・どっこいさのせ~”

こんな、お囃子の声が聞こえてきます。さて、私たちの子供の頃・・・昭和16~20年頃は、あの大東亜戦争の真っ最中・・・盆踊りと言えば戦時1色での盆踊りで、次のような音頭で踊ったものでした。


“瑞穂踊り” 昭和16年に発表されたもので「農林省」のお墨付きの曲でした。


ちなみに、瑞穂とは・・・みずみずしい稲穂のこと。・・・瑞穂の国とは・・・古事記の記述によると、日本は「豊葦原のみずほの国」(とよあしはらのみずほのくに)
とされている。

Photo_3


作詞 岡崎 淑郎
作曲 中山 晋平

歌詞(抜粋)
  

 早苗ナァ ハ ドッコイセ
    早苗とる手も 麦踏む足も
       揃た 揃たよ 村中が揃った
           瑞穂踊りに コリャエ
              トコドッコイセ トコドッキセ
                 気も揃た コリャエ サテ
                    サッサヤレコノ トコッドコイセ~。


現在のような浴衣を着て、首にタオルをかけて・・・と言うような姿ではありませんでした。女の人は「もんぺ姿」(戦時服)・・・男性は「国民服」(戦時服)姿が多かった様でした。

Photo_2


それでも、苦しい戦時中の中での楽しみの一つで、笑顔で踊ったものでした。
8月になると、毎年 敗戦記念日(8月15日)を思いだします。・・・今年は70年前のこんな盆踊りの歌を思い出しました。

(盆踊りの写真はインターネットより)


  戦争のない、平和な時代に感謝して・・・さあ~元気に踊りましょう!。

            
            “サッサ ヤレコノ トコドッコイセ~!”

|
|

« “人畜無害” | トップページ | “流星(ほし)に願いをこめて” »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243019/52843981

この記事へのトラックバック一覧です: “昭和の思い出・・・70年前の盆踊り”:

« “人畜無害” | トップページ | “流星(ほし)に願いをこめて” »