スポーツ

2013年3月29日 (金)

“負けても キライになれない!・・・”

                今日、プロ野球の開幕です。

タイガースフアンを自認する私にとっても「ドキドキ」の一日です。

今年こそ!・・・と毎年開幕日には思うのですが・・。シーズンが終わればダメ。

ここ数年 裏切られてばっかり・・・これは私の個人的持論ですが監督の采配の問題?・・・。

今年も、今日はわくわく・希望に燃えています。・・・でも一か月もすば・・・?・・・またまた・・・どうなる?。

Photo

                   今年こそ裏切らないで・・・和田監督どの!・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年9月20日 (木)

‟最下位・・・争奪戦・・・??。”

9月も下旬にになると・・・プロ野球も上位チームはともかく(優勝は今日にも決まる・・・?)下位のチームは消化試合と云う事になりますね。

Photo
愛する・阪神タイガース、今年もお疲れ様でした?・・・。
もう少しで今シーズンが終わります。それまで、頑張って消化試合に精を出して下さい。

ほんまに、情けない!・・・
今年は監督も変わったし、もう少しは楽しい野球・当然優勝争い・悪くても上位3位までは確実と思いつつ当初は応援していましたが・・・。

それが、どうでしょう?・・・最下位争いとは・・・ご立派です。

思い返せば、開幕一ヶ月ぐらいは何とか期待を持たせるスタートでした。
でも、所詮、しっかりした野球に対する信念の無い監督の采配ではこういう事になるのでしょう。

Photo_3夜店のバナナのたたき売りじゃあるまいに、安けりゃ良い・・・こんな、たたき売り戦法では、信念の無い野球戦法では上位になる事は無理でしょう。

昨日今日、ちょっと調子が悪いから、4番バッターを7番に、
昨日今日、ちょっと調子が良いから、7番バッターを4番に、
一回エラーをしたから次の試合はベンチオーマーと。

何一つ,信念・辛抱・もなく、適切な指導もしないで?・・・
その日の流れのままに進める試合運びを、これぞ名付けて
‟夜店のバナナのたたき売り戦法” と言う?。

フアンは勝手で、申し訳ないとは思いながら・・・今年はつくづくそんな思いで試合を見てきました。

もし、もしも、最初のメンバーで、新井・ブラゼル・マートン・平野・鳥谷・・・このままのメンバーで、無能なコーチが適切な指導(例えば、ストライクを打って、ボールは打つな)が有って、続けていたら、今頃は当然上位にいたと思いますが?
・・・こんな考えは私だけでしょうか?。

Photo_8


また、また、来シーズンGM制度の導入だとか、・・・これもまたまた、どうなる事やら?・・・。

愛するタイガースの皆さん・・・・フロント・監督・コーチ・選手諸君も・・・ついでに「GM」も・・・。

       本当に、フアンが怒らない内に、頑張ってや!”




 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年11月27日 (日)

‟野球の美・純真・感動!”

洋画フアンの私の大好きな、野球映画が有ります。それは・ゲリークーパー&テレサライト主演の「打撃王」です。アメリカ大リーグのヤンキースの大選手・「ルーゲーリック」の物語です。

Photo 何回目になりますか?・・・4・5回ぐらい観ていると思います。今回は特にこの映画に「感銘」うけました。

Photo_2 それは、「野球の美」・「人生」・「恋」・「貧乏」・「父母の愛」ユーモア」・・・そして「男のロマン」等々。いつ観てもこの映画には感動しています。

Photo_3 さて、今回は特に次の様な出来事が世の中を騒がせています。そんな中で、この映画の「野球の純真」さを感じたのかも知れません。

Photo_4 巨人(ジャイアンツ)フロントの、渡辺オーナと清武GMの内紛問題・・・今まで巨人フロントの行動・特に渡辺オーナーの独断専行に疑問を持つ人はたくさん居られたでしょう。今回「巨人の内部はおかしい、・・・こんな事が罷り通っている」と云う事が世間の皆さんに判っただけでも大きい事かもそれません。

Photo_5 ドラフト指名の件・・・菅野選手(原監督の甥)が指名を受けながら拒否した事・・・プロ野球を目指すと云ってドラフトの氏名を待ちながら、自分の好みの球団の指名でなかった事を理由に「拒否」する。・・・これは、選手のわがままで許されるべきでないと、個人的に思っています。

今回「打撃王」の映画を観て、野球の素晴らしさを心から感じ取りました。こんないやな出来事は早く終わらせてほしいものです。

              ‟プロ野球よもっと美しく有れ!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月29日 (土)

“敗戦処理! 真弓監督の総括!”

プロ野球も今シーズンが終了いたしました。

Photoタイガースは結局4位でした。・・・その責任で真弓監督は契約途中でしたが解雇されました。

さて、以前にも書き込みましたが、昭和22年以来の熱狂的なタイガースフアンです。

でも、実は真弓監督になってから、タイガースの試合を見る回数が減りました。・・・今年はほとんど見なくなりました。

その理由は、「真弓監督」です。試合運び・選手起用・投手交代・・・等様々な事で、試合が以前の監督時代より面白くなくなったのが原因です。

監督采配の良し悪しは専門家に論評して頂くとして・・・2.3私なりの考えを書き込んで見ます。

Photo_2 選手の起用・交代時の決断・試合の作戦等私たちフアンからしてはどうも面白くなかった。・・・何かチグハグで・・・何故ここで、バンド?・・・何故ここで、代打が出ないの?・・・何故ここで、ピッチャーが交代しないの?・・・私たちフアンの考え方とあまりにも違い過ぎた様に思います。

結局優勝争いから脱落、3位にもなれずに退陣する結果になりました。

ハッキリ言うと「監督」としての能力が無かった事の一言に尽きます。退陣会見の本人の言葉にも有った様に、「監督としての力が無かったと云う事」です。

真弓監督には、・・・しっかりした自分の「野球理論」が無かったのかも知れません。試合中にメモを取る姿を見かけました・・・これも「疑問」の一つです。

試合中にメモをとるのは、コーチの仕事で、監督としての仕事はその試合の場面で、勝利に直結する最善の方法を決断するのが仕事で。監督自らがコーチのする仕事・・・すなわち下士官になって戦ってもその戦争には勝てません。司令官が自ら鉄砲を打っていては必ずその戦争は負けます。

Photo_3
オリックスも4位に終わりましたが、・・・タイガースの4位とは当然ながら違います。

オリックスの岡田監督がシーズン終了報告をした際にオーナは「チームの戦力からすると100点でも、落第もない」言われた。

タイガースの真弓監督の場合は「チームの戦力からすると監督の采配の不味さで・・・落第だ」とハッキリ言い切る事が出来ます。

さて、昨日和田新監督が誕生いたしました。私の考えでは、和田コーチも真弓監督と同罪です。引責辞任した三コーチと同様に責任をとる立場の人間です。

その、コーチを次の監督にするのは。タイガースのフロントの「甘さ」故でしょう。

Photo_4 いずれにせよ、新しい監督が決まりました。

来シーズンからは今までの様に「タイガースキチガイ」に戻って応援出来るような、素晴らしい・楽しい・元気な・タイガースの試合をしてほしいものです。

     

   何と言っても惚れた弱みでタイガースが好き!。

       ”頑張れ! タイガース!”

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年8月22日 (月)

“ツーダン・フルベース (二死満塁)”

野球の醍醐味に “ツーダンフルベース” と言う場面があります。

Photo_2 最近のタイガースの試合を見ていて,“二死満塁” こんな場面が何回となく有りました。

でも、その大半の場面は、“二死満塁” バッター「新井」・・・!・・・打ちました!・・・ショートゴロ、一塁へ投球!・・・“アウト”。・・・万事休す。

こんな場面が何度?・・・あった事か。・・・その都度、ガックリ!。

Photo_3 “二死満塁” 打てば極楽・打てなければ地獄・・・だからフアンは手に汗して必死で応援するのです。

さて、昔々・1947年(昭和23年)に大映映画で「二死満塁」と云う映画が有りました。

大映は映画の宣伝をかねて、二死満塁にホームランを打ったプロ野球選手に、賞金¥1万円を懸けました。

当時、平均的サラリーマンの月給が¥600円程度の時代ですから現在で云えば約¥600万円に相当する額でした。

それが、現実に起こったのです。詳細は省略するとして・・・・。

Photo_4 当時の巨人軍の投手 「藤本英雄」選手が対金星(ゴールドスターズ)との試合で、これを成し遂げたのです。世間ではこの話題で持ち切りになりました。

現在のプロ野球も “二死満塁” でホームランを打った選手に賞金¥1000万円ぐらい提供するスポンサーが有れば、・・・もっと楽しく、人気が出るかも知れませんね。

私は、当時中学2年生で、この映画をみて興奮した記憶が有ります。

Photo_5 さて、時代と野球の技術は変わっても・・・やっぱり “二死満塁” には興奮して、野球を見るのは今も同じですね。

さて、人生この年齢になって、いよいよ残り少なくなってきました。・・・とうとう「二死満塁」の境地かも知れません?。

ここで、もうひと踏ん張りして試合を続ける事が・・・人生の長生きにも通じる事なのでしょう。

 ‟ ホームランは無理でも、せめて、ヒットを打ちたいものですね。”

   往年のタイガースを知るフアンの戯言!

                      

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年7月15日 (金)

“思い出のダイナマイト打線!”

Photo_4

昭和21年に初めて「プロ野球」を観に行った。・・・それは「甲子園球場」ではなく。「西宮球場」でした。・・・何故なれば「甲子園球場」は進駐軍(アメリカ軍)に接収されていたからです。

Photo その当時(敗戦直後)はプロ野球は8球団でした。大阪タイガース・近畿グレートリングス・金星ゴールドスターズ・東急セネターズ・・・等々8球団でした。

最初の思い出は・・・西宮北口駅から球場までの道の両側で「七輪」(カンテキ)でするめを焼いてるお店ばかり並んでいました。「するめ」1枚を新聞紙に包んでもらって、球場で観戦しながら食べた事です。

Photo_2 さて、ここ2・3年タイガースフアンの私にとっては “面白くない” 試合が多くて・・・試合の観戦(テレビ)も遠のいています。

その原因はどうも?、監督にあるようです。現在の監督の采配に合点がいかないところが多すぎます。いちいち。例は挙げませんが多くのフアンも同じ考えかも知れません。

昨年は、新ダイナマイト打線?・・・とか言って少しは派手に花火が上がりましたが、結局優勝出来ずに終わりました。・・・今シーズンもこの調子では、余り期待できないかも知れません。

Photo_3 そこで・・・昔を振り返っては進歩がないと言われますが、・・・今日はどうしても振り返って見たいです。!・・・それは、昭和24年度のダイナマイト打線!・・・これぞ本物のダイナマイト打線でした。

この打線はすごかったぞ!!。

Photo_6 この、暑い時期にあまり “カリカリ ” せずにタイガースを応援いたしましょう。

最近の「ブログ」でよく見かけます、今、早く辞めて欲しい人は「管総理」と・「阪神の現在の監督」!・・・と。

いずれにせよ、「早期監督の交代を!」

     昔のタイガースフアンより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|