旅行・地域

2011年11月15日 (火)

“旅の思い出づくり!”

11月8日~9日と歴史のサークルの有志16名で湖北長浜~山代=金沢へと研修旅行を好天に恵まれ無事に楽しむことが出来ました。

Img_0017 今回の旅行では、特に長浜の街・向源寺の国宝11面観音像の拝観等を楽しみにしていました。

そこで、この前(一か月程)から始めたムービ-(動画)の制作を試みました・・・それこそ・・・必死のバッチ・・・やっと完成しました、約27分の長編?ムービーで~~す。

Img_0027_2_2 早速、友人に郵送・参加者の皆様には次回の会で差し上げる予定です。・・・なんじゃ・これは?・・と言われる事でしょう。しかし、ムービー作りの難しさをひしひしと感じている所です。

その、ストーリーは、中百舌鳥駅前をバスで出発~車中風景~長浜の街並み~黒壁ガラス館見学~向源寺・国宝11面観音像参観~近江牛の美味しいすき焼き昼食~山代温泉かんぽの宿へ・・・宴会。

Photo_2 Photo_3 かんぽの宿は初めてだったが、想像以上に設備も整っていて、食事もよかった方でしょう・・

2日目は、宿出発~金沢兼六園(美人ガイド付き)~金沢城公園~金沢21世紀美術館~昼食(金沢さくら亭)大変豪華で、京都風料理で美味しかった・皆さんに好評。

昼食後~ひがし茶屋町~長町武家屋敷~バスで帰阪・・・こんなストーリーでムービをまとめました。

Photo_4 Img_0035

Img_0039 Img_0048

ムービーのバックにミュージッュクの挿入と画面が合わなかったり、雑音が大きかったり苦労散々・・でも、それなりに達成感は有りました。

最後の方になって、やっと自分の好きな曲の挿入が可能になって・・・裕次郎の曲を入れて楽しんでいます。                                          

Photo_5

Photo_7

まだまだ、写真・ムービーの整理が残っています・・・それだけまた、旅の楽しみが残っていると云う事でしょう。・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年11月 7日 (月)

“旅の前日”

以前にブログに書き込みました。・・・旅には三つの楽しみが有ると。・・・・

Photo

その第一が、旅の前の計画・・・

第二が、旅そのもの・・・素晴らしい景色・歴史・美味しい郷土料理等々・・・

そして、三つ目が、旅の思い出・・・写真・ビデオ等々・・・

さて、明日歴史サークルの有志のメンバーで長浜ー山代ー金沢方面に研修?旅行で~す。

Photo_2 金沢・山代は数回旅した事がありますが、・・・長浜は記憶にありません、それで今回は特に長浜の旅に期待しています。

長浜は、木下藤吉郎が浅井長政を攻めた際の武功により、主君信長より浅井氏の領土を与えられ初めて城持ちの大名となり、羽柴秀吉と名前を改める。

その後、小谷城に代わって琵琶湖畔の今浜(長浜)に築城。今浜を長浜と名を変えたのは武運長久を願うと共に主君信長の一字を拝借して地名を変えたと言われています。主君信長に「ゴマ」をすったとも言われています。

Photo_3 今回は、長浜の渡岸寺観音堂(向源寺)の国宝十一面観音と長浜黒壁ガラス館等を見学する予定で楽しみにしています。

山代温泉ーかんぽの宿山代で宿泊して旅の醍醐味・・美味しい料理を頂いて、翌日は晩秋の金沢へと旅を伸ばします。

旅の楽しい事など・・・美味しかった事などは後日改めて報告・ブログに書き込みます。

    lovely旅の前日・うきうきした気分で・・・書き込みました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年6月23日 (木)

‟和泉のラベンダー公園での想い出”

ラベンダーと聞けば・・・「北海道」・・・と答えたくなりますね。

Photo ラベンダーは、高温多湿が苦手でもともと西岸海洋性気候や亜寒帯湿潤気候の地域で栽培されていました。日本では「北海道の富良野」地方のラベンダー畑が全国的に有名ですね。

そんな事から、‟ラベンダー=北海道”・・・富良野を連想する様になりました。

ところが、何年か前から地元和泉市に素晴らしいラベンダーが咲いている公園があります。

Photo_2

数年前に初めてこの公園を訪れて、地元和泉市でこんな綺麗な ‟ラベンダー” が、見られるのか・・・と驚来ました。それ以来機会があれば訪れてラベンダーを楽しんでいます。

Img_1556 今日、6月23日梅雨の晴れ間を利用して公園を訪れ、美しい ‟ラベンダー”を写真に収めました。何枚か書き込んで見ましょう。

Img_1548 好天に恵まれて、平日でしたがかなりの人が来ておられました。

Img_1550 Img_1555 Img_1546






そうそう、この公園に少し楽しい想い出があります。何年か前に友人と二人で訪れた折に、・・・公園の休息場所で二人ずれの ”美人” とお話しする機会がありました、話が弾む内、友人がお二人の写真を数枚移させていただきました。・・・それを送る事を理由に住所をお聞きして数日後に私が写真を送りました。

Img_1557_2 それを機会にお二人と、一年あまり文通をした楽しい想い出があります。

どう、されているかな・・・あの独身の美人・・・結婚されたかな~・・・

Photo_3          和泉ラベンダー公園の想い出より!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月11日 (月)

"旅行” 三つの楽しみ方!

sun 旅行が大好き! と言われる方が大変多いですね。もちろん私も大好きです!

Photo

one さて、旅行の楽しみ方について・・・・私は子供の頃・若い頃・現在と、其の世代によって旅行の楽しみ方が違うのは当然のことですね。

two 昔、昔、若かりし頃は、ただ遠いところへいく事・また「呑んで騒いで」だけの旅が多かった様に思います。

three 或る時期に、其の旅行の楽しみ方について思い当たるところがありました。

four0497j  何気無く、名所旧跡を回るだけでなく、例えば・「西国33箇所参り」の様に何か目的をもって旅行をすれば又違った楽しみが増えるかも・・と思い当たりました。

five そこで、同じお寺参りをするならば、事前に其のお寺の "歴史・故事来歴等を調べて見ようと思ったのがきっかけで、少し楽しみ方が変わりました。

six0645j それからの旅行は単なる物見遊山的なことではなくなりました。

seven 先ず一つ! 旅行計画をしっかり立ててから実行しょうと思う様になりました。行く場所の歴史・食べ物・風景・等も調べる事にしました。

eight 旅行から帰ったあと、"思い出の写真アルバム" の製作を思いつきました。

nine そこで、旅行は三つの楽しみ方があることを発見!したのです。

heart02 一つ目・計画を立てる楽しみ! どこをどう、回ろうか・どこで休息・どこで昼食・等々・・・計画を立てながら夢を広げます!

heart04 二つ目・旅行先へ行ったら、此処の歴史は・此のお寺の由緒は・此の土地のグルメは・此の地方の風俗は・・・と楽しみが広がります!

heart03 三つ目・旅行のあと、素晴しい思い出が残ります、アルバム等時が立つほど其の思い出が大きく広がります!

thunder 最近は、旅行は、三回も楽しめる!と・心に言い聞かせて旅行を楽しんでいます。

0331 0499j_2

行楽の秋を楽しもう! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月 4日 (日)

京都貴船の川床料理と曼珠院・銀閣寺!!

Photo 私たちパソコン教室の有志で上記の「しおり」の様に6月28日【月】に京都貴船・曼珠院・銀閣寺へ日帰り旅行を楽しみました。

幸いにも、梅雨の中休みで好天に恵まれ楽しい一日を過ごすことが出来ました。写真等でその一日をブログに書き込んで見ました。!

Photo_2 参加人員21名【女性16名・男性5名】で泉北栂駅前を勇躍出発~して、第一目標 ”鞍馬寺” へと向かいました。

Photo_3

11時前に無事鞍馬寺・山門前に到着!・・・さーこれからケーブルで山頂へ・・・一汗かいて登りましょう!

ところが、運悪く(または、運良く)ケーブルが点検のため今日から三日間運休。やむなく山頂の本堂参拝を中止することになり、参加者の中からは「残念」・「良かった」等の声が上がりみんなで苦笑い!

Photo_4

Img_1337_2 さー川床料理の昼食・貴船「べにや」に到着!

Img_1357_2 幸いにも好天気だったので、川の上での昼食。昨夜の雨のため、少し川の水音が大きい!

ま~、我慢することにしよう。

Img_1346 旅館厨房から、川床まで階段があり仲居さんも配膳に時間がかかって、大変!

少し遅すぎると、大阪人で「いらち」の私は不満顔! 隣の友人にこれが ”京都流" 我慢・がまんといわれて、しぶしぶ納得!

さ~。ビールも飲んだし、鮎も食べたし、・・・そうめんがとても美味しかった。

これから「曼珠院門跡」へむかって、バスで移動しましょう!

曼珠院門跡に到着!

Img_1359

曼珠院・庭園三風景!

Img_1360 Img_1365 Img_1362

さて、最終目的地の銀閣寺!

Img_1374

銀閣寺・庭園三風景!

Img_1379 Img_1384

Img_1369  

0382j

楽しい、京都貴船・曼珠院。銀閣寺のイベントを無事終了出来ました!

         それにしても、京都の梅雨は暑かった。!

0320j_2                2010年・7月・4日記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|